ヒコロヒー、ネタ選びの悩み吐露 オズワルド伊藤のアドバイスにスタジオ絶賛

fumumu


ヒコロヒー17日に放送された『お笑い実力刃』(テレビ朝日系)に、お笑いタレント・ヒコロヒーさんが出演。

出場する賞レースのネタについて、先輩芸人たちに相談する一幕がありました。

■サンドウィッチマンの場合は


目下「『THE W』もあるし『R-1』もラスト1回。挑戦し続けている」と、意欲的に賞レースに挑戦中というヒコロヒーさん。

「賞レースに向けてライブで調整するときに、ライブによってウケる箇所が変わる。そのネタを削ったり足したりしながらやっていくんですが、客ウケと自分の思う面白さのバランス調整が分からない」と、ネタ選びに悩んでいるそう。

それに対し、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさんは「心中できるネタ。『これだったら落ちても仕方ない』と思える一番好きなネタ」と自身のネタ選びについて答えます。

2人の場合、そのネタは合致していて「僕らは『ピザ屋のネタしかないな』って。逆に、それしかなかった」と、当時の『М-1グランプリ』を回顧。相方の富澤たけしさんも「そのときの新しめのネタを合わせたけれど、上手く行かなくて。『あれで行こう』って」と告白しました。

関連記事:チョコプラ、ボケとツッコミを決めない理由にアンタ山崎絶賛 「企業だね」

■アンタッチャブルの場合は


また、過去に2回『М-1グランプリ』の決勝に進んだ、お笑いコンビ・アンタッチャブルの2人は「どうやって選んだんだろう」「覚えてないね」と、忘れている様子。

すると、柴田英嗣さんが「2003年は(お笑いコンビ・おぎやはぎの)小木さんが決めた。『あれ見たいなあ』って言うから」と思い出すと、スタジオは爆笑。

山崎弘也さんも「ヒコロヒーはネタにストーリーがあるけど、僕らのネタは貼り絵みたい。『このネタをベースに』というのがないので。いろんなネタのいいところを詰め込んで1本にする」と語りました。

■オズワルド伊藤の場合は


次に、まだ“現役М-1戦士”のため「めっちゃ言いたくない」と前置きし、語り出した“のは、お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介さん。

相方や、周囲の人たちと意見が分かれたときは「シンプルに一番受けるネタ」を選ぶのだとか。「『好きだからこれを入れたい』は賞レースでは削っている。めっちゃ面白いと思っても、3回試してダメだったらもう使わない」と続けました。

さらに伊藤さんが「女もそう。3回告白して、振り向いてくれなかったら自分とは合わない女」と答えると「わかる~」とスタジオは絶賛。

最終的にヒコロヒーさんが「心中できて、ツギハギで、ウケまくるネタで」と宣言すると、スタジオから「ブレるブレる」とツッコミが飛びました。

今回の放送を受け、ネットでは「伊達ちゃん格好良すぎるな…心中出来るネタ…」「ヒコロヒーさんのツッコミ斬新で好きだなー」「伊藤が言ってた3回告白論は本当だと思う」など、多数のコメントが寄せられています。

・合わせて読みたい→ニューヨークの会話芸にサンドウィッチマン脱帽 「俺らは怖くてできない」

(文/fumumu編集部・汐入実花)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ