ハイエイタス・カイヨーテ、日本の特撮映画を参考にした「And We Go Gentle」のMV公開

Billboard JAPAN



ハイエイタス・カイヨーテが、最新作『Mood Valiant』収録曲「And We Go Gentle」のMVを公開した。ネイ・パーム演じる蛾が街を彷徨う映像は先日公開された「Canopic Jar」のMVと同様グレイ・ゴーストが手掛けた。

「“And We Go Gentle”は、なぜ蛾が光に惹かれるのかを歌った曲。ビデオでは、モスラ(ゴジラを倒す蛾の怪獣)にちなんで、特撮という日本映画のスタイルを参考にしたいと思った。水槽の水草と古い足袋で衣装は自作した。このビデオは愛を探すものだけど、ユニークでユーモラスな視点で描かれている。撮影当日の朝には地震があり、それが撮影の神秘性と壮大さを高めてくれた。グレイ・ゴースト監督と再び仕事ができるなんて夢のようだった。彼はとてもクリエイティブ」とネイ・パームは語っている。

またグレイ・ゴーストは、「“And We Go Gentle”のコンセプトは、ナイのビジョンそのものだった。彼女の頭の中には、すべてのストーリーが描かれていて、それを私に説明してくれたとき、私はすぐに気に入った。リアルさとノスタルジックな雰囲気を出すために、16mmフィルムで撮影しなければならないと思った。私は彼女の蛾の世界の壁の上のハエになりたかった。物語と映像は、バカバカしさと美しさが同居しているように感じる。店のオーナーやスピードのディーラーなど、バンドのメンバーを登場させたところが気に入っている。蛾を演じたナイの演技は素晴らしくて、撮影現場で見ていて本当に笑えた。DOPのJoey Knoxは16mmフィルムの達人で、私たちが本当に走り回っていた中で見事な仕事をしてくれた」と説明している。

6年ぶりとなる待望の最新作『Mood Valiant』国内盤CDには、ボーナス・トラックが追加収録され、歌詞対訳と解説が封入されている。

◎リリース情報
アルバム『Mood Valiant』
2021/6/25 RELEASE
https://hiatuskaiyote.lnk.to/mood

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ