100均の道具と材料で『イカゲーム』の型抜きを作って、針でつついてみた!

女子SPA!

 世界的に人気沸騰中の、Netflixの韓国ドラマ『イカゲーム』。ドラマ第3話に出てきて話題となったカルメ焼きの型抜きは「ダルゴナ」とも呼ばれています。

ダルゴナは砂糖と重曹があれば作れるので、お家で簡単にチャレンジすることができます。そこで今回は、ダルゴナの作り方とコツを紹介します!

◆ダルゴナ作りに必要なものは100均で揃えよう

【材料】

・砂糖

・重曹(タンサン)

・割り箸

・お玉(直接火にかけてOKなもの)

・クッキングシート

・クッキーや野菜の型

・針(型抜き用)

必要な道具は100均で揃えることができます。

なお、お玉を買うときは、直接火にかけて良いものを選びましょう。

◆ダルゴナを作ろう!こまめに火から離すのがポイント

1. お玉に砂糖を大さじ1強ほど入れて火にかける。

※砂糖がコンロに落下しやすいので、大きめのお玉がおすすめ

2.割り箸でかき混ぜながら砂糖を溶かす。

※焦げやすいので、こまめに火から離すのがポイント

3.指先で重曹をつまめるだけつまむ。

※重曹が少ないと膨らみが足りず、“飴”っぽくなるので注意。逆に重曹を入れすぎると少し苦みがでる。

4.重曹を入れるとすぐに膨らみはじめるので、素早くかき混ぜる。

5.重曹がすべて溶けたらクッキングシートに載せる。

6.粗熱がとれるまで待つ。

※爪楊枝などでチョンチョン触って型押しのタイミングを見計らうのがおすすめ。

くっつくようであれば、型押しには早すぎるのでもう少し待つ。触ってもくっつかない、弾力が出てくるときがちょうどいい頃合い。

7.型を押し付ける。

8.完成

◆手縫い針でダルゴナに挑戦してみた

イカゲームの型抜きを見ると、お祭りのカタヌキを思い出す人もいるのではないでしょうか。

お家でダルゴナを作れば、お祭り気分を味わえちゃいますよね! 筆者も早速挑戦しました。

日本のカタヌキよりかなり分厚いので、ゴリゴリと力を入れても安心ですが、時間がかかりそう……。と思っていましたが、すぐにパキッと割れました。

星の先端が欠けていました。む、む、難しい。

カタチや型の押し具合などでも難易度が変わるので、みんなでワイワイ試してみると面白そうですね!

◆ダルゴナを作ってイカゲームを楽しもう!

ダルゴナ作りは、こまめに火から離すこと、粗熱が取れてから型を押すことが大切です。

砂糖は焦げ付きやすく、固まりやすいので、キレイなダルゴナを作るには慣れが必要だと思いました。どんどん作ってコツを掴みましょう!

ホームパーティーや子どものおやつにダルゴナを出すと、盛り上がること間違いなし。ダルゴナを作ってイカゲームをもっと楽しみませんか?

<文/梅原しおり>

【梅原しおり】

早稲田大学人間科学部卒、管理栄養士免許をもつライター。Twitter:@unchieiyoushi

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ