さらば・森田、”存在しない言葉使ってもバレない説”でセンス発揮 「うますぎる」

しらべぇ




17日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢が「ブチギレてるやつ、存在しない言葉使ってもバレない説」でセンスのある架空ワードを連発し、視聴者の注目を集めている。

■存在しない言葉でブチギレ


番組では『パネラーの説検証SP』と題して、オンエアではカットされているが、毎回オープニングでパネラーたちが発表していた自らの説を一挙に紹介し、検証することに。

そんな今回は、麒麟・川島明が挙げた「ブチギレてるやつ、存在しない言葉使ってもバレない説」を検証。「仲のいい先輩芸人の暴露話をする」というニセ企画で呼び出したパンプキンポテトフライ・谷拓哉をターゲットに、森田が挑戦することとなった。

関連記事:さらば・森田、校長先生からのまさかの言葉に驚き 「超絶ホームの学校」

■最初に飛び出した架空ワードは…


すると森田は、暴露話を前もって考えていなかった谷に「もうちょい(下準備)やっといた方がええと思うで」と注意をし「正直ありえへんなとは思う」と続けると、そこから説教モードに入る。

その直後、さっそく森田が「だから今日だって、俺が名前出しておまえがリックスされたわけやんか?」と短めの架空ワードを言い放つも、谷は完全にスルーした。

■「スクープセイント」に反応


さらに「蘇豪の利」「地蔵の墓場」といった造語を連発しながら、谷を叱る森田。

それでもなお架空ワードに触れない谷に「稚疎としか思ってないやん、俺のこと」「何でもかんでも村雨小路でええわけないやん」と言い放つと、この様子を見ていたダウンタウンは「やりすぎやっておまえ!」「今のバレるで」とツッコミを入れた。

そんな中、「スクープセイントで終わっていくで」と発した森田に対して、谷は「ヘボいやつって感じですか?」と初めて聞き返すそぶりを見せる。

■ワードセンスに絶賛の声


そして、「キングビーナスオン」という造語をしっかり聞き返されてしまい、森田の挑戦は終了。ネタバラシ後、谷は「俺が知らんのかなと思って…」と、造語に戸惑ったことを明かすと、森田に対して「マジでこの人イタいな」と思ったことをぶっちゃけた。

一方、ネット上では「さらば森田のワードセンスすごいな」「スクープセイントとか本当にありそう、森田の言葉選びうますぎる」と、森田のセンスある架空ワードが大きな話題となっている。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ