Androidの標準アプリが端末ごとに異なる裏事情

ラジオライフ.com


Androidスマホはメーカーごとに標準アプリがバラバラです。その理由はAndroid端末には「Googleアプリ」「メーカーアプリ」「キャリアアプリ」の3種類が標準インストールされているため。Googleアプリはすべての機種で利用できますが、メーカー・キャリアアプリは機種や契約状況次第で異なるのです。

Androidの標準アプリが端末ごとに異なる裏事情

Android標準アプリは3種類存在する


Androidスマホはメーカーごとに標準アプリがバラバラ。たとえ同じ機種でも、プリインストールされていないアプリがあったりします。それは「Googleアプリ」「メーカーアプリ」「キャリアアプリ」の3種類が存在するからです。

「Googleアプリ」は、Androidを開発しているGoogle製のアプリです。iPhoneでも利用でき、利便性はかなり高いでしょう。代表的なアプリに、Chrome/Gmail/Googleマップ/Googleカレンダー/Keepなどがあります。

「メーカーアプリ」は、スマホの製造メーカーが用意しているアプリ。名称は異なりますが、使える機能はほとんど同じです。主なアプリは、時計/カレンダー/ノート/ブラウザ/メール/天気予報などになります。

Android標準アプリのほか隠しコマンド


「キャリアアプリ」は、キャリアで販売・契約しているスマホに実装されているアプリ。同じ端末でもキャリア契約しないと使えません。主なアプリは、料金・通信量確認/アカウント設定/キャリアメール/防災などです。

このほか、メーカー専用のアプリストアも存在します。サムスン電子の「Galaxy Store」のように、メーカーによっては独自のアプリストアを提供していることがあるのです。
Google PlayやApp Storeでは配布していないアプリを入手できます。

なお、スマホの隠しコマンドについてもAndroid端末に共通の隠しコマンドと、メーカーが用意したテストモードなどの隠しコマンドが存在。例えばGalaxy、は電話アプリを起動して「*#0*#」を入力するとテストモードが立ち上がります。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ