元踊ってばかりの国・takiguchi atsushi、ソロ活動始動で配信リリース&MV映像&ライブ情報解禁

E-TALENTBANK


踊ってばかりの国のギタリストとして、活動を始めた「takiguchi atsushi」がソロ活動を本格的に開始。活動開始と同時に、配信シングル「kubri」を11月17日リリースした。

音源はエレクトロニカ、ミニマルテクノなどを取り入れたサウンドを活用している。また、今作について、「映画監督 草野なつか」、takiguchi atsushi本人のコメント、ミュージックビデオも公開となった。

リリースに伴い、takiguchi atsshiの生誕祭、リリースを記念したイベントの開催も発表された。

【takiguchi atsushi コメント】


映像を撮っている友達の根本くんにMVを撮ってもらう前提で曲を作りました。都会のイメージ、根本くんと二人で飲んだ時の空気を思い出しながら作ったので正直作っていた時の記憶はあまりないです。イメージやコンセプトはとても大切にしていますし、それらがないと曲は作れません。出来上がったMVを観て、抽象的な曲に肉が付いた様な気がしてとても面白かったので良かったらMVも観てください。

【草野なつか コメント】


夜はベランダに出る。目の前には片側二車線の道路、その先に工事計画が頓挫しかけた空き地とマンション、病院、学生寮。ほとんどの夜の数十分をベランダで過ごす。遠く、部屋の窓の明かりが点滅する。倉庫街のマンション周辺はそう遅くない時間なのに静まり返り、貨物駅に向かって歩く。フォークリフトがふたつの地点を行き来して上げ下ろしを繰り返す。単純作業を見続けるうち大きな空白に放り込まれて浮遊する。道を戻る途中、私のマンションが見える。モールス信号が返ってくる。薄い紙一枚分ていどに現実と繋がっている心拍数。音楽が聴こえる。

【ライブ詳細】


12/4(金)takiguchi atsushi present「潰しに来い vol.1」w/takiguchi atsushiGigandectDJあり(出演者未定)open/start 13:00/13:30

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ