キミの唇の感覚が忘れらない…。彼が「興奮を覚えるキス」をする方法

beauty news tokyo


実はキスにも、色々なコツがあります。あなたにも彼氏がいるなら、今回紹介する4つのテクニックを覚えておいてください。彼が「興奮を覚えるキス」ができるようになるでしょう。

|唇は常に潤わせておく


最初に大切なことは、唇を潤わせておくことです。例えばカサカサで皮が剥けた状態だと、相手の唇に当たったときに彼に不快感を抱かせてしまいます。なので、カサつきやすい方はリップクリームを常備。ちなみに舌で舐めるようにする方もいると思いますが、これはむしろ逆効果です。

|力を抜いてキスをする


つい力んでキスしてしまうと、唇が硬くなってしまいます。どれだけ潤った状態であろうと、力が入っている時点で結局不快なのは一緒。そのため、リラックスをした状態で唇を当てていくようにしましょう。たったこれだけでも、彼に気持ちのいいキスを堪能してもらえます。

|キス中に声を漏らす


恥ずかしいからといって、キス中に声を我慢してしまうよりも、声を出した方が彼を興奮に誘えます。なぜなら、彼女の感じている声を聞きたい男性がほとんどだから。あなたの口から漏れる声を聞かせれば、さらに興奮してもらえること間違いありません。

|同じ動きばかりしないようにする


やってはいけないことは、長時間同じ動きしかしないこと。でないと、すぐにマンネリ感が出てしまいます。なので優しいキスから、ディープキスまで緩急をつけた動きで展開することを心がけましょう。また、舌で彼の唇をなぞったり、彼を強く抱きしめて耳を舐めたりなど、あなた自身が興奮している状態をさり気なく動きでアピールすることも大切です。

意外とキスはとても奥深いもの。完璧とまでいかなくても、少しでも彼を満足させるキスができるように努力することが大事です。ぜひ今回紹介した内容を参考に、彼に「キミの唇の感覚が忘れらない…」と言わせてみてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ