Reol「第六感」自身初のストリーミング累計1億回再生突破

Billboard JAPAN



 Reol「第六感」が、Billboard JAPANチャートにおけるストリーミングの累計再生回数1億回を突破した。

「第六感」は、ReolがボートレースCMソングとして書き下ろした楽曲で、2020年7月29日に配信がスタートした。TikTokではフィンガーダンスがミーム化し、2020年10月23日に発表されたTikTok週間楽曲ランキング(集計期間:2020年10月12日~10月18日)では、2位を獲得した。また、急上昇楽曲チャート“Heatseekers Songs”では、2020年11月9日付チャートより5週連続で首位を獲得した。

ストリーミング・ソング・チャートでは、2020年8月5日公開チャートで80位に初登場。その後、2021年5月5日公開チャートまで40週連続でトップ100をキープした。リリース当初はCMソングとして注目を集めていたが、TikTokで「第六感」を使った動画が増加してからはメディアでの披露も続き、楽曲自体の知名度がアップ。ロングヒットを記録した。なお最高位は、2020年12月2日公開チャートの25位である。

Reolは、東京ゲゲゲイをゲストボーカルに迎えた「第六感 feat. 東京ゲゲゲイ」 が収録されたミニ・アルバム『第六感』を12月15日にリリースする。

※Billboard JAPANの週間ストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、GfK Japanが提供するオンデマンド型音楽配信サービス(Amazon Music (Unlimitedおよびプライム会員向け音楽ストリーミング)、Apple Music、AWA、HMVmusic、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、Spotify、TOWER RECORDS MUSIC)、プレイリスト型音楽配信サービス(dヒッツ、うたパス)、MRC Dataが提供するYouTube Musicの再生回数を合算しています。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ