なぜ“ゆで卵の調理器”が爆売れ中?使ってみたら、卵1パック瞬殺だった

女子SPA!

 普通に食べるだけでなく、丼ものに添えたりサラダに使ったりとさまざまな料理で活躍してくれるゆで卵や温泉卵。鍋でお湯を沸かせば、特別な道具がなくても作ることができますが、なんと今5000円もするゆで卵調理器が爆売れしているらしいと聞いてびっくり。

ほぼタダで作ることができるものに、なぜみんなお金をかけるの? どんだけ美味しいゆで卵ができるの? というか……ゆで卵って、そんなに伸びしろあるの?

気になりすぎてもう色々と手に付かないので、思いきって試してみることにしました。

◆主婦目線では、コンロを塞がないのが地味に助かる

その名も「エッグマイスターAEM-420」(アピックス)。なんと発売から1か月で年間計画の3倍に値する3万台以上を売り上げたという何とも恐ろしいモンスター家電です。

説明書きによると、固さの異なるゆで卵や温泉卵、さらには蒸し料理までボタン1つで作れてしまうそう。火を使わず、コンロを塞がないというは、複数の料理を同時進行で作りたい主婦目線で見ても助かります。

◆ボタン2つのシンプル構造

複雑な仕様の調理家電は使うたびに説明書を確認したりと何かと面倒ですが、エッグマイスターはボタン2つというシンプル構造。直感的に操作ができるのも◎。火を使わないので、お子さんに手伝ってもらうこともできそうです。

本体のほかに、ゆで卵ケース・蒸し料理ケース・オムレツケースが付属しています。

◆本当に簡単? 実際に作ってみた!

本体のMENUには「固ゆで・半熟・温泉・蒸す」の4種類がありますが、固ゆではお湯でも簡単に作ることができるので、まずは気になる半熟卵と温泉卵を試してみることに。

同じ種類の卵料理は、1度に最大4個まで作ることが可能。ゆで卵ケースに、必要な数の卵を並べて本体にセット。

ゆで卵の場合、内側の「ゆでる」の線まで水を注いだら…

電源を入れてメニューボタンで「半熟」に合わせ、ONボタンを押せば加熱がスタート。出来上がりを知らせる電子音が鳴ったら完成です。

◆半熟ゆで卵は黄身がとろ~っ、温泉卵も最高の出来!

さっそく出来上がった半熟卵をカットしてみると、黄身がとろ~っとしていてこれぞ求めていた半熟具合!

セットしてからは他のことをしていたからか、半熟卵の調理時間目安の11分~16分より遥かに早く出来上がった気がしました。体感5分レベルです。

続いて作った温泉卵も最高の出来。

エッグマイスターに出合うまでは、小さなボウルに水を入れ、その中に生卵を落として電子レンジで1分ほど加熱するという方法で作っていた筆者。爆発するかしないかギリギリのラインを攻めるため片時も目が離せないうえに心臓に悪い…。そして見張っていたにもかかわらず失敗して爆発させたことも何度かありました。そんな苦労を全くせずに、こんなにきれいな温泉卵を作ることができるなんて嬉しすぎます。

◆お次は蒸し料理に挑戦!

あまりの完成度の高さと手軽さに、もうこうなると止まりません。専用ケースがあり簡単そうだったので、その勢いでオムレツも作ってみることに。溶き卵に塩コショウ、とろけるチーズを混ぜてケースに注ぎます。オムレツケースをゆで卵ケースにセットして、内側の「むす」の線まで水を入れた本体にセット。あとはMENUで「蒸す」を選んでスイッチオン。

完成。放置するだけでお弁当の立派なおかずがひと品できてしまうなんて夢のよう。しかも筆者が自分で作るより、見た目も確実にきれい。こんな風に色々と試していたら、12個入りの卵1パックなんて瞬殺でした。

◆ほったらかしのラクさと、失敗しない心強さときたら!

5000円もするゆで卵調理器が爆売れしているのか。使ってみて実感したのは、「放置できるって最高!」ということ。時間を確認したり、火加減や火の通り具合を気にしたりする必要が全くないことがこんなにも快適だなんて。時間を有効に使えるのは本当に助かるし、そのうえ確実に失敗せず仕上がるという点も頼もしい。

ここ数年“ほったらかし家電”が売れていますが、凝った煮込み料理や蒸し料理でなく、毎日の卵料理でもアリなんだ! というのは目からウロコでした。卵料理を作る頻度が高い人や、積極的にたんぱく質を摂りたいと考えている人なら特に重宝するはず。

余談ですがこれ、もしパートナーや家族にプレゼントしてもらえたらかなり嬉しいかも…! ギフトに悩んでいる人は、メモっておくといいですね。

<写真・文/鈴木美奈子>

【鈴木美奈子】

雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ