高橋ひかる、Snow Man主演『おそ松さん』でトト子役 追加キャスト&特報解禁

クランクイン!

 Snow Manが主演を務める実写映画『おそ松さん』に、高橋ひかる、前川泰之、桜田ひよりが出演することが発表された。併せて、アニメ『おそ松さん』で長男おそ松を演じた櫻井孝宏がナレーションを務める特報映像が解禁された。

赤塚不二夫生誕80年記念として、名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作に2015年10月からアニメ化された『おそ松さん』。20歳を過ぎてもクズでニートで童貞、だけどどこか憎めない大人に成長した松野家6つ子を主人公に、何でもありの予測不可能な物語が人気を博し、アニメシリーズは3期に渡り放送、2019年には劇場版も公開。さらに2.5次元の舞台化も果たし、いずれもスマッシュヒットを記録した。そして、6周年の記念企画の一環として、新作アニメが2022年、2023年に公開されることも決定している。

そんな『おそ松さん』を、Snow Manを主演に迎えて実写映画化する本作。配役は、おそ松役を向井康二、カラ松を岩本照、チョロ松を目黒蓮、一松を深澤辰哉、十四松を佐久間大介、トド松をラウール、そしてオリジナルキャラクターとなるエンドを渡辺翔太、クローズを阿部亮平、ピリオドを宮舘涼太が演じる。

この度『おそ松さん』ワールドに欠かせないキャストが解禁。6つ子のアイドルであるヒロイン・トト子を高橋ひかる、日本中に愛されるキザ男・イヤミを前川泰之、おでんへの愛は誰にも負けないチビ太を桜田ひよりが体当たりで演じ、キャラクターを再現したビジュアルも披露された。

高橋は「実写化ということでプレッシャーもありますし、どうやって実写化するんだろうと不安もありましたが、共演者の方々と一緒に全身全霊で頑張ろうという気持ちになりました」、前川は「イヤミはすごく個性的でコメディ要素満載なキャラクターなので、そういう役柄に声を掛けて頂いたことがとても嬉しかったです。ただ、一番の問題は歯。この入れ歯に慣れることから始めました」、桜田は「役柄を聞いた時は、どうやってチビ太になっていくのだろう? と未知でしたが、期待も大きかったです。カツラを付けるのに3時間も掛かりますが、支度から撮影まで楽しんでいます」とそれぞれコメントを寄せている。

特報映像では、アニメ『おそ松さん』で長男おそ松を演じた櫻井孝宏がナレーションを担当。明るく元気な6つ子と謎のNEWキャラで繰り広げる本作だが、キャスト全員がいろんな形で“体を張った”特報映像となっている。

また、発表当時から謎のオリジナルキャラクターとして紹介されていたエンド・クローズ・ピリオドが超重要そうな雰囲気を醸し出しながら黒ずくめの姿で登場。彼らは【物語終わらせ師】として「おそ松さん」ワールドをかき乱すという。なぜ【物語終わらせ師】は6つ子の元を訪れたのか…。予測不可能な「おそ松さん」ワールドの新たなるステージに期待が高まる。

Snow Manが主演する実写映画『おそ松さん』は2022年3月25日より全国公開。

発表されたキャストのコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>
■高橋ひかる(トト子役)
出演が決まった時からずっとワクワクしていました。実写化ということでプレッシャーもありますし、どうやって実写化するんだろうと不安もありましたが、共演者の方々と一緒に全身全霊で頑張ろうという気持ちになりました。トト子は、皆のアイドルで、キュートなところと、ちょっと毒づくところ、そして本音が出ちゃうところとすごくチャーミングな女の子だと思います。かわいらしさを出すことが私は得意ではないので、アニメを見て、作品も調べ、いかに自分の中のトト子像に近づけられるか、すごく意識しました。Snow Manさんは本当に仲が良くてチーム感バッチリで、その空間に入り込めるようにしていただいてますし、もうついていこうと思いました。映像になったらどうなるんだろうというワクワクするシーン、実写化ならではの魅力、新鮮な面白さがぎゅっと詰め込まれているので、きっと「おそ松さん」の虜になるはずです。

■前川泰之(イヤミ役)
イヤミはすごく個性的でコメディ要素満載なキャラクターなので、そういう役柄に声を掛けて頂いたことがとても嬉しかったです。ただ、一番の問題は歯。この入れ歯に慣れることから始めました。又、イヤミの姑息な感じとか、下品な感じ、どうやったらあのゲスな感じが出るのか、特徴的な表情や体の動きなどを研究して撮影に臨みました。クランクイン前は不安も少しありましたが、初日にトト子とチビ太とカメラ前に立った瞬間、一気におそ松さんワールドに入り込めて、より一層イヤミが伸び伸びと生きてくれています。Snow Manのみなさんは個性豊かで、アクション要素だったり、舞台っぽい要素だったりが出てくる中で、それぞれのキャラクターが生かされていて面白いし、やっぱりみんなキレがあって美しい。そんな共演者や監督に甘えて好き勝手やらせてもらいました。ストレスフルな時期が続いていますが、そんな時に何も考えず、ただただ観て楽しんで、笑えて、スカッとできるような映画ができると思います。是非、この作品の仕上がりを楽しみにしていただきたいと思います。

■桜田ひより(チビ太役)
英(勉)監督とは今作で3作目になりますので、英監督が描く「おそ松さん」の世界に安心して飛び込みました。役柄を聞いた時は、どうやってチビ太になっていくのだろう? と未知でしたが、期待も大きかったです。カツラを付けるのに3時間も掛かりますが、支度から撮影まで楽しんでいます。チビ太はツッコミ役で、ある意味、視聴者目線。お芝居をする上でリズムや流れが重要だと感じています。自分なりに研究し、アドバイスをいただいて、現場の皆さんの想いのこもったチビ太が出来上がっていると思います。Snow Manの皆さんは、和やかに撮影が進むように気遣ってくださる優しいお兄さん的存在です。そんな皆さんが実写化した「おそ松さん」の世界をどんな風に駆け回るのか一緒に楽しみにしてくださると嬉しいです。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ