顔相鑑定(129):清原果耶は人生何周目なの? 高次元に完成された顔とは…

fumumu


池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は女優の清原果耶さん。10月末に最終回を迎えた今年前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』では、主人公・永浦百音を演じました。

上映中の映画『護られなかった者たちへ』では、保険福祉センターで働くケースワーカー・円山幹子を演じています。

「東日本大震災から10年後の仙台で起こった連続殺人事件の真相をめぐるヒューマンミステリー」で、19歳の清原さんが、実年齢より上の設定の役柄を演じたことも評価されています。

■達観したような眼差し


清原果耶

先月まで『Seventeen』専属モデルをやっていたとは思えないほど本当に大人っぽい顔をしています。輪郭や配置、パーツの形は年相応で、特別とりあげるほどの大人顔要素はありません。

眼差しが落ち着いていることで何か達観したような雰囲気があり、「人生何周目?」と思うほどしっかり出来上がった顔です。顔も心も人間も10代で完成しているようにさえ思えます。

関連記事:顔相鑑定⑬:石原さとみが愛される理由は目にあった メイクのポイントとは?

■光沢のある額と眉間


額を出した髪型と前髪を目の上まで下ろした髪型で印象が変わるのですが、額を出すと聡明な印象が増します。額は横にも縦にも広く、好奇心が旺盛で熟考型なのがわかります。

額の色艶もいいですし、眉間もきれいで光沢があり、運がいいことがわかります。動物は基本的に光のある方向にいきます。人間もツヤツヤと光沢のある顔の人に集まります。光沢のある顔の人には、人も仕事もお金も集まります。

■男眉だけど女性らしさもある


眉が凛々しいのも大人っぽい顔を作っています。毛並みがきれいで光沢があり、書道用語でいう始筆から起筆、そして収筆までがしっかりしているのが特徴。特に収筆の「とめ」にあたる眉尻が芸術的に美しいです。

力強い眉で、男性的か女性的かでいうと男性的な「男眉」ですが、無駄な気合い、無駄な力が入っているのではなく、柔軟性があります。変幻自在に眉で表情を作り、女性らしい憂いを表現した顔も魅力的です。

■ぽってりアルカイックリップス


口は唇が上下とも非常に厚く、曲線的な女性らしい口です。愛情深いタイプでセクシーさもあるのですが、色気以上に慈愛のようなものを感じます。

開運口で口角がキュッと上がっています。ただ、好印象を意識してのものではなく、心にゆとりがあって悟りを開いた弥勒菩薩のような“アルカイック・スマイル”をしています。

この「ぽってりアルカイックリップス」によって、大人っぽい顔をさらに昇華させた高次元な顔になっています。既に完成している顔が、20代、30代と年齢を重ねてどのように変化するのか大変興味深いです。

★最新情報や写真鑑定のお申込みは「顔相鑑定士 池袋絵意知公式サイト 」をごらんください。

・合わせて読みたい→顔相鑑定(57):木村拓哉、SMAPの顔からジャニーズの顔へ 第2章はこれから

(文/fumumu編集部・池袋絵意知)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ