『イッテQ』新人キャストにスタッフが悪態?「鼻につく」「悪意しかない」

まいじつ


(C)stockfour / Shutterstock

11月14日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、新人キャストに対するスタッフの扱いが悪過ぎるとして、番組を批判する声があがっている。

お笑いコンビ『まかろにステーション』のギャビンが出演。米フロリダ出身の26歳で、4月に「ボランティア旅」と題して初登場し、京都を訪ねた。

この日は「ボランティア旅」の熊本・鹿児島編を放送。熊本ではアメリカではほとんど見かけないというレンコンを収穫し、飲食店で辛子レンコンを一口食べた。だが和辛子の辛さにギャビンはせき込み、500ミリリットルのペットボトルの水を飲み干してから、苦しげに「いや~うまいですね~」と感想を口にした。

ギャビンの食レポにスタッフが「はあ?」


その後、各所でのボランティアについてナレーターは「特別面白いことは起こらなかったが」とイジり、「いくつものお手伝いをさせていただくため、全てをお見せすることはできない」として、草むしりや天然竹の収穫をダイジェスト版で放送。

最後の食レポシーンでは、ウナギの蒲焼きを味わい「ちょうどいい鶏肉と魚のバランスをとっているのですよね」と説明すると、スタッフが「はあ?」と疑問を投げかけてVTRが終わった。

「イッテQ」の仕事がなくなればビザが切れ、アメリカに帰らなければならないと漏らしたギャビンに視聴者は同情。ギャビンに対するスタッフの扱いや、長々と食レポを放送してはイジリを繰り返す編集に悪意があるとして番組を批判している。

《ギャビン、食レポがヘタクソだな… 苦手なのにあえてさせるスタッフもたいがいだがw》
《演者を生かすも殺すもスタッフ次第な部分はあって、編集に悪意しか禁じないから不愉快》
《イッテQのスタッフのギャビンに対するタメ口なんかな~鼻につく》
《せっかくのおもしろ外国人のギャビンを活かせないスタッフが悪い》
《ギャビン売れて欲しいよ。編集してるスタッフが悪いよ、気にすんな! なんでこんな悲しい編集なの~~~~》
《今見てるけど、ギャビンさん面白かわいくて好きになったwww 不憫な編集かわいそかわいい》
《ギャビンくん凄くいいよ! 色んなことにチャレンジして凄いよ! おもしろくしてくれないスタッフがダメなんだよ!》

今後も企画が続くといいが、はたして…。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ