【SNS追い詰め】『真犯人フラグ』4話のあらすじネタバレ

Oh!My!マンガ

『真犯人フラグ』(日本テレビ系毎週日曜22時30分~)4話が7日に放送されました。傷心の凌介(西島秀俊)に追い打ちをかけるように、何者かが不利益な情報をネットを通じて次々に発信します。そのため、記者会見を行うことになる凌介。その会見で何とか誤解が解けるかと思った矢先、さらなる暴露があり、凌介は絶体絶命に追い詰められます。果たして、この窮地を乗り切れるのか?そして味方かと思われた真帆のママ友、朋子(櫻井ユキ)にも怪しい動きが。
『真犯人フラグ』4話のあらすじとネタバレをご紹介します!

『真犯人フラグ』4話のあらすじ

『真犯人フラグ』4話では、SNSを使った何者かによって凌介が窮地に立たされます。3話のラストで、凌介を受取人として真帆が生命保険に入っていることを警察に何者かが密告。そのため、警察が保険会社を訪問しますが、そのことを社員が匿名でSNSに投稿したため、マスコミも嗅ぎつけることに。事態を収拾させるため、会社の指示で記者会見を開くことになった凌介。会見は、瑞穂(芳根京子)との事前練習通りに答えていきますが、またしてもSNSに凌介と女性の画像が流出し、記者から追求されます。その写真は事件当日、帰宅時の電車のホームで陽香(生駒里奈)に人違いをされた時の様子を盗み撮りされたものでした。凌介は事実無根だときっぱり否定し、いい加減な追求をするマスコミを逆に批判したことで形成逆転かと思われたその時、Youtuberのぷろびん(柄本時生)が亀田運輸に届いた子どもの冷凍遺体に関する密告が自身にあったと動画で暴露。事実を伏せていた凌介たちはパニックに陥り、慌てて会見を終了したため、かえって事態は悪化してしまうのでした。

そんな凌介を慰めようと、朋子が「困ったらいつでも言ってください」と気遣います。その気持ちに感謝してお礼のメッセージを送る凌介。そのメッセージを自宅で朋子が受け取ったころ、息子の清明(桑野愛斗)が自宅の押し入れで何かを発見し、恐れおののきます。それを発見した朋子は、怖い表情で清明を見つめるのでした。

さらに自宅にいた凌介の元にガラス窓を突き破って何かが飛び込んできます。それは、何かの印が書かれたサッカーボールで…という『真犯人フラグ』4話のあらすじでした。

『真犯人フラグ』4話のネタバレ

『真犯人フラグ』4話のネタバレとして、怪しかった人物をご紹介します。

1:凌介の上司、太田(正名僕蔵)
凌介の事件のせいで会社を辞めたいと言うオペレーター。そのことで太田黒は凌介を責めますが、瑞穂の活躍でオペレーターは辞意を撤回、事なきを得ます。その結果に不満げな様子の太田黒。瑞穂や周りに信頼の厚い凌介に嫉妬を感じているように見え、事件への動機とも考えられます。

2:凌介の同僚、望月(坂東龍汰)
オペレーターの件で凌介を助けた瑞穂の様子を見て、怒りのような表情を見せます。こちらも凌介への嫉妬でしょうか。それとも他の感情が?

3:朋子(桜井ユキ)
仲の良い真帆への気持ちから善意で凌介を慰めているように思われましたが、何か下心があるような表情をする朋子。しかも、自宅の押し入れに、見つけた息子が恐れおののくようなものを隠し持っている様子。その息子に対し、恐ろしげな表情で「黙っていろ」とでも言うようなしぐさをしました。

ネットでの考察の様子

今週の視聴者のネットでの考察は、朋子の押し入れに隠しているものは何か?を予想する声が多数。シングルマザーであることから「旦那さんの死体説」も出ていました。あとは、真犯人フラグ探しではなく、朋子が凌介を慰めるために作った『がめ煮』を食べ、寂しさで思わず泣いてしまう西島秀俊の演技に、
もらい泣きしたという声も見られました。

ちなみに番組公式HPの♯『みんなの真犯人フラグコーナー』の視聴者投票は、1位:一星、2位:瑞穂、3位:真帆と、3強は盤石ながらも(笑)、再び一星が1位に返り咲きました。

※トップ画像は『真犯人フラグ』公式Instagramのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ