付き合ってみなきゃわからない!? 周囲の反対を押し切って交際した人たちのリアル #3「負け惜しみ!?」

ウレぴあ総研

いいなと思う人ができたけれど、友人に話すとおかしな噂があったり敬遠されていたり、「あの人はやめておいたほうがいいよ」と言われると気持ちが揺れますよね。

誰を好きになるかはもちろん自分で決めることですが、周りから止められるのはそれなりの理由があるのも事実です。

周囲の反対を押し切ってお付き合いした人たちに、どんな交際だったのかリアルを聞いてみました。

「友人のAが彼氏と別れたのですが、その男性は以前私が好きだった人で、慰めていたけど心のどこかで『チャンスが来た』と感じていました。

別れたら私がアプローチしてもいいはず! と思い、こっそりと彼にLINEなど送っていたら、Aから『元彼があなたから連絡が来るって言っていたけど、あいつはやめたほうがいいよ』と言われ、気まずさから『わかった』とつい答えてしまいました。

やめたほうがいいとか、別れた女性に言われても……と反発する気持ちが湧いてきて、それからも彼とは連絡を取り合っていたのですが……。

あるとき別の友人から『たぶん知らないと思うけど、Aが別れたのは元彼の浮気が原因だから』と言われてびっくり。

彼からは『Aのワガママに耐えきれなくなった』と言われていたので、どっちが真実なのかわからなくなりました。

しかも、よく考えたら私と親しくしていることを彼は別れたAに話していて、それもおかしいですよね。

勇気を出してAに彼とのことを尋ねてみたら、『付き合っているとき、私がいるのにいつも別の女性と仲良くしていて、浮気がバレて別れてからも俺はモテるんだってあなたのことを話していた』と返ってきてショックでした。

Aの“忠告”は親切心からで、『負け惜しみ』と思ってしまった自分が本当に恥ずかしかったです。

彼とは付き合おうかという話が出ていたけど、すぐ音信不通にしました。

別れたからってすぐアプローチするのは危険だし、どんな男性かをしっかり見極めるのが最初だと思います……」(33歳/ウェブデザイナー)

狙っていた男性がフリーになると、すぐアプローチしたくなりますよね。

でも、周りからストップがかかるときはその声を冷静に聞くのも自分のためであり、無視した後にそれが正しかったと知るのはショックです。

別れたばかりなら、その原因を含め相手がどんな人かをきちんと知る努力を忘れたくないですね。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ