洋楽カバーバンド・THE JUGGLER、12月5日(日)結成1年ワンマンライブを開催

E-TALENTBANK


Do As Infinityのギター大渡亮とウクレレシンガーKAIKIらによる’70~’90‘sの洋楽カバーバンド「THE JUGGLER」が結成1年を迎え、12月5日(日)に渋谷・道玄坂LIVING ROOM CAFE&DINING (UNIQLOビル5階)で初のワンマンライブを行う。

ドラムにチューリップ、渡辺美里、福山雅治、藤井フミヤなどビッグアーティストとの共演多数の松本淳、そしてベース、キーボード、プログラミングとマルチな才能を発揮する渋谷有希子とメンバーは凄腕揃い。

通常の音楽活動が停滞していた昨年末に結成。規制はあるものの、生音を出せる喜びと共に8回のショートLIVEを行い、レパートリーも「Eagles」「Hall & Oates」「Stevie Wonder」「Earth,Wind & Fire」など、優に40曲を越えた。

全曲70~90年代の洋楽ヒットの名曲ということもあり、ドンピシャ世代のリピート率は非常に高い。また、美味しい食事や飲み物と共にリラックスして音楽を楽しめるスタイルは女性にも好評だ。

ただ、これまでやってきたショートライブは30分のステージを2回という構成で、盛り上がってきた所で終わるという物足りなさもあったため、今回の初のフルライブにかなり期待が高まっている。

THE JUGGLERのライブは、ギターの大渡が音頭を取り全員の乾杯で始まる。制限も解除され、今回は晴れて本物のお酒で乾杯できるはずだ。そしてリピーターも初めての方も存分に楽しんでもらえるライブにしようと、現在様々な企画を思案中とのこと。ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

【ワンマンに向けて】


◎大渡亮コロナ禍でもこのバンドで演奏を続けられたことに感謝しております。楽曲では特に84~86年辺り、自分が洋楽を聴き始めた頃のMTVチャートに入っていた「Duran Duran」「Culture Club」などの曲を演奏するのが本当に楽しみです。当時の中学生の自分に「その曲で後にカバーバンドやるよ」と教えてあげたいです。ワンマンはスペシャルな内容になりますので是非一緒に名曲を楽しみましょう。

◎KAIKI演奏する曲がほぼ全て生まれる前の曲だったので、初めの頃は馴染みがなくて大変でした。リハや本番を重ねる度に段々体に入ってきて、更に名曲の良さが分かって来ました。メンバーから楽曲の背景なども色々教えてもらっています。最近は少しずつ自分の色も出せるようになってきました。12月5日はぜひ遊びに来てください。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ