結婚前に必ずチェック! 借金、浮気、モラハラ…「5タイプ別、危険な男性の見分け方」 #145

ananweb

彼との将来を考えるなら、ちゃんと相手のことを見定めたいと誰しもが思うものです。例えば借金や親子関係、浮気などは、後でわかると大きな問題になるケースもあります。今回は、5つの問題となり得るタイプ別に、それぞれに問題がある場合どこを見ておけば早めに気づけるか、ご紹介します。
■ 将来を考えるなら必ずチェック! 借金、浮気、モラハラ、タイプ別5つのヤバい男性の見分け方

【おおしまりえの恋愛道場】vol. 145

将来を考える彼が、もし自分には見せたことのない“ヤバい一面”を持っているとしたら、あなたはどうしますか? 話し合う、別れる、我慢する、見なかったことにする、などなど。いろいろな対応方法があるでしょう。

どうするかはあなた次第ではありますが、できれば早い段階で見抜けた方がいいですよね。今回は5つのタイプのヤバい男性の見分け方について、パターン別にご紹介します。

■ ヤバいの代表! 借金男はこう見抜く

ヤバい男の中でも特に困るのが借金持ちの男性です。ただし、奨学金の利用など、理由のある借金はここでは除外します。

浪費や人への大盤振る舞いで借金を作りがちな男性の傾向は、まず以下の点をチェックしましょう。

■ 毎月の収入と支出のバランスが、明らかにおかしい

浪費による借金がある男性は、必ずといっていいほど収支のバランスがおかしいです。彼の身の回りにあるものが身の丈に合っているか。お金の遣い方について聞いたとき、嘘っぽい回答があるかどうかなど、確認しておきましょう。

■ 彼の郵便物にファイナンス系の封書がある

これ、筆者の実体験なんですが、借金がある男性の自宅には、当然ファイナンス系の封書が届きます。支払い通知や督促状なのですが、こうした封書があれば高確率で借金がある可能性がありますので、将来を考える場合、少しだけ目を光らせておきましょう。

■ ちょっとしたお金の貸し借りを忘れられる

浪費などで借金がある方は、もれなく日常生活のお金に対してもルーズな側面があります。その代表が、普段のちょっとしたお金のやり取りがルーズである点があげられます。

例えば「500円貸して」と言って渡した500円が返ってこない。「今度おごるからここは出してよ」と言ったお返しがないとか。1回2回ならまだしも、しょっちゅうあるようなら、注意が必要です。

■ 意外と根深い親子関係、ここをチェック

ここでいう親子問題とは、仲が良すぎるケースと仲が悪すぎるケースがあります。悪すぎるケースの場合、ある程度事前に知ることで距離感を覚悟しておけます。しかし、良すぎるケースは結婚と同時に面倒事になる場合もあります。では、彼の親子関係は適切か、3つのポイントに絞ってご紹介します。

■ 帰省の頻度は適切か

仲が良すぎる場合、しょっちゅう帰省したり、しょっちゅうご飯に行っていたりします。また、頻繁に会えていなくても、電話やLINEの頻度が異常に高い場合は、注意が必要です。

実家との物理的な距離にもよりますが、ぜひ彼の様子をうかがいつつ、チェックしてみてください。

■ 親の意見が、重要な会話でちょいちょい出る

将来を考え始めたカップルは、おそらく結婚式や子どものこと、住まいの話などをし始めると思います。このとき「親がさ…」といった意見がちょこちょこ出てこないか、慎重に聞いておきましょう。

以前聞いた話では「親が結婚式は和婚にして欲しいって」といった介入があり、過干渉な親に早めに気づけたケースがありました。結婚前に知ることができれば、それなりに対応が取れる親問題。ぜひ2人のいい関係づくりのためにも、確認しておきたいですね。

■ 「いつか同居」を頑なに主張

最近は頑なに主張する人も減ってきましたが、いつかの同居を結婚の条件にする男性って、地方を中心に未だにいるといいます。親が心配な気持ちは理解できますが、「頑な」であった場合、それは親と息子の距離が近く、関係が強固である場合もあり注意が必要です。

■ 結婚後に豹変! 二重人格男子はここを見る

例えばモラハラ傾向のある彼だったことが結婚後にわかると、関係を改善させるのは非常に困難です。ここではモラハラだけでなく、「性格が想定と違った」を防ぐための全般的な話をご紹介します。

■ 友達に会わせてくれないorいない

彼のことは、彼の長くからの友達を見ればだいたいわかります。しかし、頑なに友達を紹介してくれないとか、そもそも友達がいないと主張する場合、実は本当の顔が違う可能性があり、注意が必要です。

具体的には、自分には紳士的だけど、友達の前では男尊女卑的な考え方をするとか。暴力的なふるまいがあるとか。そういう二面性があるかもしれません。ぜひ注意してみましょう。

■ 自分以外への雰囲気や対応がちょっと違う

人は誰でも、場面や相手によって対応をある程度変えるものです。しかし、例えば店員さんや友達などに対応するとき、明らかに悪い態度であったりしたら要注意です。

彼の中で「親しい人にしていい対応」「その場限りの人にしていい対応」「関係構築中のときの対応」と、場面ごとに切り替えている可能性があります。あなたが結婚などで親しい人に昇格した場合、彼の対応が大きく悪い方向に変わる場合があります。

■ 対応に困る特殊な性癖の傾向は早めに話し合いを

性癖って、無視すると意外にも結婚後に響くもの。日本の夫婦は約半分がセックスレスというデータもあります。理由の1つに、性の方向性の不一致があげられ、悩みを抱えた夫婦もいるようです。

過去に聞いた夫婦の話では、結婚後に性癖の不一致が分かり、お互い婚外恋愛を認めたものの、妻側が本心ではそれを受け止められず、メンタルを壊してしまったケースがありました。こうした悲しい現実に直面しないためにも、早めに気づき、そして話し合うようにしたいですね。

■ 好みを聞くと返事が曖昧

特殊な性癖を持っている人は、そもそも下ネタトークに消極的です。なぜなら自分の本当の欲求をバレないように隠しているから。例えば「好みの女性はどんな?」とか「興奮する行為はどんなの?」なんて聞いたとき、曖昧な返事のときは注意が必要です。

■ したいことを聞くと、「特に無い」

カップルの場合、刺激を求めて新しい体験を模索することってありますよね。このとき、「特に無い」の一点張りだと、もしかしたから彼には隠れた性癖があるのかもしれません。

以前筆者の友人の特殊な性癖持ちの男性(もちろん家族には内緒)に、どうやって隠しているのか聞いたことがあります。すると、妊活までは頑張り、その後は特に触れない話題になっている。とのことでした。

うーん、一生を添い遂げるパートナーとの関係がそれだと、ちょっと悲しいものがありますね。みなさんもぜひ、彼の知らない一面がないか、広い心と目で、見てみましょう。

■ それって病気? 浮気のチェックポイント

最後は、やっぱり多い! そして後でわかると困る浮気の話です。

「浮気は病気」なんて言いますが、仮に浮気願望があったとしても、倫理的、理性的に止められる男性はたくさんいます。つまり、浮気は病気というよりも、男性側の甘さやだらしなさが1番の原因であり、病気や本能でもなんでもないのです。

■ LINEをちょっとでも見られるのを嫌がる

「LINEとスマホ、それぞれにブロックをかける人は浮気の疑いあり…」なんて巷では言いますが、筆者はそれよりも、ちらっと横からLINEやスマホを覗こうとするのすら、頑なに拒否するかどうかを気にします。

やましいことがなければ、日常操作画面は誰しもが警戒心を持たずに覗き見させるものです。しかし、浮気をしている場合そうではありません。彼のスマホへの警戒心はどんな程度か、チェックしてみましょう。

■ やたら女友達が多い&飲み会が多い

もともと女友達が多く飲み会の頻度が高いと、それだけで浮気のリスクは高いといえます。

最初の浮気のキッカケというのは、だいたいがしようと思ってしているわけではなく、流されてしちゃったというケースがほとんどです。つまり流される状況が多い人ほど、浮気をしているor今後する可能性が高いと言えるのです。

ヤバい男性に共通する5つの項目について、それぞれどこをチェックすればよいかご紹介しました。恋に燃え上がっている時期は、なかなか冷静に見られないかもしれません。でも、もし将来を考える関係になっていくなら、早い段階で気になる部分は払拭しておきましょう。

いい関係は誰とでも築けると筆者は信じていますが、そもそも自分がその相手といい関係を築きたいかどうか、覚悟が大事です。彼に人生をかけて良いか、かけられて良いのか。しっかり見定め、そして判断していきましょう。

おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト

10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。

(C)Vladimir Godnik/Gettyimages(C)Hill Street Studios/Gettyimages(C)fizkes/Gettyimages(C)LEREXIS/Gettyimages(C)PhotoAlto/Frederic Cirou/Gettyimages(C)Peter Cade/Gettyimages

文・おおしまりえ

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ