アソートタイプの『明治 ザ・チョコレートトライアル6』で各国のチョコを手軽に食べ比べよう!



売り場でひと際目を引く、オシャレな『明治 ザ・チョコレート』シリーズ。通常の板チョコが50gで約100円のところ、こちらの通常商品は50gで参考小売価格 237円(税込)と決して安くはないが、2016年の発売後、半年強で3,000万個を売り上げた人気チョコレートブランドだ。ラインナップは全部で6種類あり、現在、全種類が1つになったアソートタイプ(30g ・参考小売価格 197円(税込))も発売中で、手軽に全種を食べ比べることができる。一体どんな商品なのか、全種類を食べ比べながら確認してみよう。
 



■そこはもう南国! とにかくカラフルでオシャレ
 
大手食品メーカー明治(東京都)から発売中の『明治 ザ・チョコレートトライアル6』(30g・参考小売価格 税込197円・発売中)。通常、別商品として発売している『明治 ザ・チョコレート』シリーズの6種類を一つにまとめたアソートタイプ。このシリーズの面白いところは、カカオ豆の原産地によって商品が異なるところ。
 
基本のラインナップは、ベネズエラ、ペルー、ブラジル、ドミニカ共和国の「カカオ70%」の商品が4種類。それに加えて、ブラジルとベネズエラにミルクを加えた「カカオ50%」の商品が2種類。合計6種類だ。
 

6種類の味が1種類ずつ、丁寧な説明とともに所定の位置に設置してある
 
香料不使用で作っているので、カカオそのものの味、香りが楽しめる。カカオ豆が異なると、味、香りに驚くほどの違いがでるという。
 
チョコが入っている箱は、かなり手が込んでいる印象だ。絵画のようなデザインで、暖かい南国の地域を連想させるカラフルな原色の色使い。ポイントでシルバーのキラキラまであしらわれている。
 
 
パッケージには「チョコレートにかかわるすべての人を幸せに。」との記載がある。実は、チョコレートの原料となるカカオ豆の生産地域や農家では、児童労働や強制労働などの労働問題、環境破壊、栽培技術の周知不足など、様々な課題があり、その持続可能性も危ぶまれているという。
 
このような事実に危機感を抱いた明治は、実際に現地へスタッフを派遣。直接、問題を確認し、それぞれの地域に合わせた解決策を考え、解決に向けて取り組んでいるという。こうした活動は2006年より続き、今年で15年になる。
 

■カカオ豆が違うと全然違う!

それでは、6種類のチョコを食べて比較してみよう。

『VENEZUELA ベネズエラ cacao70%』


重厚な味で、ロースト感もあり、しっかりと苦みを感じることができる。酸味はあまり感じない。「カカオ」をしっかり味わいたい人におススメだ。記者は仕事で疲れた時など、ほっと一息入れたい時に、ホットコーヒーと合わせて飲みたいと思う。
 

『PERU ペルー cacao70%』


香りが特徴的で、とっても華やかな香りでアロマ効果有り!味もフローラルで華やかな感じで、苦みはあまり感じずに食べやすい。記者的に、このチョコは紅茶に合いそうなイメージ。お茶会の時に出したら、お客さんに「これはなんですか?」と聞かれて話の小ネタになるかも!
 

『BRAZIL ブラジル cacao70%』


味はやや酸味を感じるタイプで、柑橘系を彷彿とさせる爽やかさがある。爽やかな風味がアクセントのこちらは、チーズなどの食材との食べ合わせも良さそう。洋食を食べた後の最後のデザートにこちらのチョコをひとかけら、などはどうだろうか。
 

『DOMINICAN REP. ドミニカ共和国 cacao70%』


重厚な味わいとほのかな酸味があるタイプで、レーズンのような味わいがある。ブラジル同様、チーズなどの食材との食べ合わせも良さそうな印象だ。例えば、お酒の席におつまみとして置いておくのも良さそう。
 

『VENEZUELA ベネズエラ cacao55%』


ベネズエラ産カカオ豆にミルクを合わせたタイプで、味、香りともにミルキーだ。70%の時に感じたカカオ感は、だいぶマイルドになっている印象だが、しっかり味わうと、味にコク、深みを感じる。これまで食べてきた他の商品は、カカオ感が強かったり、香りや味にワンポイントあり、大人向けな商品だと感じたが、この中ならこれが一番、子どもも食べやすいと感じた。
 

『BRAZIL ブラジル cacao55%』


ブラジル産カカオ豆にミルクを合わせていて、爽やかな香りだが、70%の時に目立っていた酸味は大分抑えられている印象。ミルキーだがアクセントもある。記者的には、休日など、少しのんびりした日に、好きな雑誌を読みつつ食べてのんびりしたい。
 

■本格的なチョコレートを気軽に楽しめる!
 
大人が楽しめる本格的なチョコレートを、コンビニなどで気軽に購入できる『明治 ザ・チョコレート』。通常タイプは50gで参考小売価格 237円(税込)だが、商品を知ると、決して高いわけではなく、妥当な値段に思える。6種類の味を全て購入する機会はなかなかないので、一度に試すことができるアソートタイプはオススメ。
 
オシャレな見た目なので、ちょっとしたプレゼントに選んでも良いかもしれない。多分、貰った人は、目で、味で、香りで、何度も「楽しい!」と感じてくれるはず。
 
各国のチョコ食べ比べしてみたい方は、『明治 ザ・チョコレートトライアル6』を是非チェックしてみて。


当記事はおためし新商品ナビの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ