天下一品、11月10日創業記念日にラーメン無料券進呈! 木村会長「これからも永遠に"こってり"を守り抜く」

Rooftop


「マッチョ」篇1.jpg

無料券.jpg

株式会社天一食品商事が展開する中華そば専門チェーン店「天下一品」は、2021年11月10日(水)に創業50周年を迎える。それに伴い、創業記念日である同日に、ラーメン1杯お召し上がりにつきラーメン(並)無料券を進呈。

本発表に合わせて、創業者である木村勉会長への特別インタビュー実施。50年間を振り返っての苦労や天下一品のおすすめの食べ方、ラーメンへのこだわりなどについて語っている。また、先日公開した創業50周年記念Web CMをご紹介。本作は「こってり天国(ヘヴン)」をキャッチコピーに、剣道の技名を使ったダジャレやボディビル大会さながらの掛け声などで、天下一品らしい“こってり感”を全面に表現。

木村勉会長への特別インタビュー
―――天下一品を開業するきっかけとなったエピソードを教えてください。

勤めていた会社が倒産し、手元に 37,000 円しかなく、当時自分にできそうなことが屋台でラーメン屋をすることぐら いでした。

―――50 周年を振り返って、最も苦労したことを教えてください。

たくさんあり過ぎますが、やはり屋台を引いていた頃、いろんな嫌がらせを受けたり、ラーメンの材料や調理器具そろえ るのに、家財道具を質に入れたりしながら調達し、明日食べるお金を稼ぐのも大変でした。

―――天下一品の味を極めたのは創業からどのくらいの時期だったのでしょうか?

屋台から第1号店となる本店ができる頃までの約 4 年近くかけて「こってり」を生み出しました。

―――この味に確信(自信)が持てるきっかけとなった エピソードがあれば教えてください。

屋台時代、毎回お客さんにも味見をしてもらいながら試行錯誤し、他には絶対にないだろうと思われる、こってりなが らも後味がすっきりとした、1度食べたら忘れられないスープを完成させました。

―――今では、全国にファンを持つ人気ラーメン店に成長しましたが、その要因として考えられることは何でしょうか?

他には真似のできない唯一無二の味、「こってり」の味を守り続けてきたことです。

―――天下一品といえば余ったスープにライスを入れるといった、ファン独自のルールが勝手に開発されていますが、その現象についてどのように思われますか?また、推奨される食し方があればお聞かせください。

お客さんが色んなこだわりの食べ方をされているのは、「こってり」が愛されているのだと嬉しく思います。どんぶりのふち に口をつけて、スープと麺を一緒にすするように食べるとさらに美味しさが増すので、おすすめしています。熱々なので やけどに注意してください。

―――天下一品以外で好きなラーメンはありますか?

研究のため、色んなラーメン屋には行って食べますが、(好きなラーメンは)ありません。

―――50 周年記念動画を見た感想をお聞かせください。

これまでのCMイメージと変わって面白い。ただ、「こってり」食べてマッチョになると思わるのではないかと心配ではあります。

―――こってりスープにこだわり続けている理由を教えてください。

今の「天下一品」があるのは、50 年もの間、愛され続けている唯一無二の味「こってり」のおかげ。「こってり」は私の命です。

―――天下一品が今後目指すことを教えてください。

目標は国内 300 店舗。これからも永遠に「こってり」を守り抜き、後世に伝え、残すこと。海外進出は2代目社長 に任せます。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ