「いつの間にか太っていた」を回避。【冬太りの予防に効く】簡単ダイエット習慣

beauty news tokyo


代謝が低下気味になる冬ですが、追い討ちをかけるように外食が続いたり、運動不足になったりと「冬になるといつも体重が増えてしまう」という方は少なくないと思います。増えた体重はすぐになかったことにはできないからこそ、【冬太りの予防に効く】簡単ダイエット習慣を今から採り入れていきましょう。

寝起きに白湯を飲む


身体に溜まった老廃物を排出しやすくするために実践したいのが、朝起きてまず白湯を飲むことです。白湯を飲むことで睡眠中に失った水分の補給が叶うだけでなく、体を内側から温め代謝を上げる効果、腸を刺激して便通を良くする効果を期待できます。沸騰させたお湯を飲める温度まで冷ますだけでOKという手軽さも魅力です。



生活習慣を変えたり何かを我慢したりするわけではないですし、普段の生活にプラスするだけでOKなので、ぜひ習慣にしてしまいましょう。

食べる順番に気をつける


食事をする際、「まずはサラダから」というのは一般的に浸透していますが、実はその前に温かいお茶か汁物(みそ汁やスープなど)を飲むことがダイエット効果を高めると言われています。その理由は内臓が温まって膨らむことで、食欲を高めるホルモンを抑えることを期待できるから。

温かいお茶や汁物の後は、サラダなどの野菜、タンパク質、最後にごはんや麺などの炭水化物という順番を基本にします。食事の前に「まず温かいお茶」もしくは「まず汁物」と覚えて習慣化していきましょう。

飲み物は常温の水または炭酸水の一択で


ぜひ「飲み物でカロリーを摂るのはもったいない!」という意識をもって、飲み物は迷うことなく「常温の水または炭酸水!」と決めてしまいましょう。こまめに水や炭酸水を飲むことでデトックスを促進できますし、便秘予防や美肌効果も期待できます。なお、冷えた水や炭酸水は内臓に負担をかけるので、できる限り“常温”で飲むようにしましょう。

気分転換したい時、カフェラテやジュースなど甘いものが飲みたくなって、コンビニなどでつい買ってしまうという少なくないと思いますが、加糖されたカフェラテやジュース類には想像以上にたくさんの砂糖が入っているもの。特に白砂糖は健康にもダイエットにも摂取していいことは何もありませんし、中毒性があるので飲み続けてしまうというデメリットもあります。

このように、毎日の習慣を少し変えるだけで、その積み重ねによって太りにくい体作りが叶うはず。リバウンドの危険がある無謀なダイエットにはできるだけ足を踏み入れず、まずはこの3つから冬太り予防に取り組んでみてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ