8日月曜~9日火曜 九州~関東甲信 落雷・突風・局地的な「非常に激しい雨」に注意

日直予報士

8日月曜は九州~近畿を中心に、9日火曜は中国・四国~関東甲信で、雨雲や雷雲が発達しやすく、落雷・突風・局地的な「非常に激しい雨」などに注意が必要です。9日火曜は、東北や北海道でも「バケツをひっくり返したような雨」の降る所があり、大雨になるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水などに、十分お気をつけください。

●雨の強まるタイミングは?

8日月曜は、西から前線が近づくでしょう。この前線が通過するタイミングで、大気の状態が非常に不安定となるため、9日火曜にかけては、局地的に雨雲や雷雲が発達しそうです。
【九州~近畿】8日月曜夜にかけて、雨の範囲が広がるでしょう。8日月曜の午後は、大気の状態が非常に不安定になるため、雷を伴って「激しい雨」の降る所がありそうです。「激しい雨」とは、「バケツをひっくり返したような雨」で、傘をさしていてもぬれてしまい、道路が川のようになるレベルです。
九州では雨のピークは8日月曜いっぱいですが、中国・四国・近畿は9日火曜明け方まで所々で「バケツをひっくり返したような雨」が降るでしょう。夜の暗い時間に、雨が強まりますので、昼間のうちに、側溝に溜まった落ち葉などを片付けておいた方が良さそうです。
【東海・関東甲信】8日月曜夜遅くになると、広く雨が降り出すでしょう。お帰りの遅い方は、傘が必要です。雨のピークは9日火曜午前中で、朝の通勤・通学時間帯と重なる可能性があります。最新の気象情報だけでなく、交通情報も確認してください。
【北陸】8日月曜は、日差しが降り注ぐでしょう。9日火曜は昼頃まで雨が降りそうです。
【東北】8日月曜は、朝晩は太平洋側の所々で雨が降るでしょう。9日火曜は、日本海側も傘の出番で、太平洋側では日中はあちらこちらで雨雲や雷雲が発達しそうです。
【北海道】8日月曜の日中は、大体晴れる見込みです。ただ、9日火曜は雨や雷雨で、午後は局地的にザーッと雨脚が強まるおそれがあります。雨の降り方に注意するとともに、8日月曜の日差しを有効お使いください。

●街中でゲリラ豪雨(局地的な大雨)が発生 避難のポイントは

ゲリラ豪雨(局地的な大雨)が街中で発生すると、アスファルトなどによって水はけが悪いために、思わぬ所に水が溜まる恐れがあります。そこで、避難の際は、次の3つのことに注意が必要です。
①雨宿りをする際は、建物の地下室や、地下街などではなく、建物の1階以上の場所を選びましょう。橋の下も、川が増水する恐れがありますので、絶対に避けて下さい。
②浸水した道路を歩く時は、とても危険です。水の流れに足をとられてしまう恐れがあるだけでなく、足元が見えないので、側溝やマンホールに落ちてしまう可能性もあります。やむを得ず、水の中を歩く場合は、棒などで足元を確認しながら進みましょう。
③アンダーパスなど低い所を通る道路では、車が水につかると、水圧によって、ドアが開かなくなることもあります。運転の際は、なるべく低い所を通る道路を避けるよう、心がけてください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ