赤楚衛二のうろたえて絶望する演技に「最高すぎた」

テレビドガッチ

赤楚衛二が主演を務める『世にも奇妙な物語'21秋の特別編』の一遍『スキップ』が、11月6日に「土曜プレミアム」枠で放送。赤楚の熱演と、共演者である坂口涼太郎の怪演に、ネット上では多くの反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

うだつの上がらない大学生の大倉幹夫(赤楚)は、フリーターの兄・和樹(坂口)から、大学の同級生で読者モデルの藤野彩花(堀未央奈)に思いを寄せていることをからかわれ、「一度スイッチが入ると、見えていたものが違ったものに見えてくるよな」と、意味深な言葉を投げかけられる。

そんなある日、幹夫(赤楚)は、大学の帰りに見覚えのあるマークが描かれた鍵を拾う。鍵は、近所で飛び降り自殺を図った男が救急車で運ばれる際に落としたものだった。幹夫は、家にある“開かずの扉”の模様が鍵と同じマークであることを思い出し、祖母から「扉の中に入ると二度と出てこられなくなる」と口酸っぱく言われていたにも関わらず、惹きつけられるように鍵で扉を開けて、中に入ってしまう。

光に包まれ、目を覚ますと大学の講義中。幹夫は扉を通ったことで3日後にスキップしており、憂鬱だったサッカー部の合宿もすでに終わっていた。扉の不思議な力に気づいた幹夫は「もう一回やってみるか」と、一週間後にスキップ。今度は大学のテストも終わっており、いつの間にか彩花にも告白していることになっていた。こうして彩花と交際することになった幹夫は、彩花との関係を進めるため、さらに一週間後にスキップ。しかし、今後はなぜか病院の廊下で目が覚めてしまう。

幹夫は、同じサッカー部の友人から先輩を殴って怪我をさせたことを聞かされ、さらに、街でチンピラから金を巻き上げていたことを知る。それはすべて兄である和樹が幹夫になりきって行ったことだった。親密な関係になっていた彩花のスマホの写真にも、自分ではなく和樹と彩花の2ショットが。そして幹夫は、ふと兄の和樹がまったくの別人になっていることに思い至る。本物の兄は、飛び降り自殺を図り、救急車で運ばれた男の方だった。

病院で本物の兄に再会した幹夫は、衝撃の事実を聞かされる。いじめられっぱなしだった高校生活をスキップするために扉の中に入った兄は、10年後にスキップしたことを幹夫に告白。続けて「あの扉から出たら、ここにいた。俺は騙されていたんだ。俺はスキップしたんじゃなかった。俺は、その間の人生を乗っ取られていたんだ、あいつに!」と訴える。

息を引き取った兄の「あの扉は開けちゃだめだ」という最後の言葉に従い、扉を封じようとした幹夫だったが、兄になりすましていた“あいつ”に中へ引きずり込まれてしまう。「俺の人生は俺のもんだ」と抗う幹夫だったが、そのまま意識を失い、気づくと2031年の未来になっていた。彩花と結婚し、子供もいる未来。戸惑いながら起き上がった幹夫は、すでに自分の人生があいつに乗っ取られていたことを知る。

ネット上では、赤楚の狼狽する演技に「引き込まれた」「釘付け」「めっちゃリアル」「最高すぎた」などの声が上がり、ホラーテイストな坂口の演技にも「インパクトが相変わらずすごい」「上手すぎて怖すぎる」「迫力凄すぎるな!」などのコメントが寄せられた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ