神田伯山「今後、空気を読む人ばかりになる」と懸念も 選挙特番で“大炎上”した太田光への思い

講談師の神田伯山が、選挙特番で“大炎上”した爆笑問題の太田光について自身のラジオ番組で私見を述べた。伯山と爆笑問題はテレビやラジオで共演が多いためか、ツイッターで「本当に太田ムカつく! 太田とか伯山とか腹立ってしょうがない」というコメントを見つけ、“この騒ぎに巻き込まれそうだ”と嫌な気分になったという。

10月31日放送の衆院選開票特番『選挙の日 2021』(TBS系)でスペシャルMCを務めた太田光が政治家に放った言葉が問題視され、ネットは彼を非難する声で埋め尽くされた。特に当時、当落が判明しておらず元気のない自民党の甘利明前幹事長に「今、相当ショックな状態だと思います。いろいろ考えてください。アハハハッ、ご愁傷さまでした」と茶化したような態度で中継を締めくくり、「“ご愁傷さま”とは失礼すぎる」「観てて不愉快極まりない」と厳しい意見が飛び交っていたのだ。

11月5日放送の『問わず語りの神田伯山』(TBSラジオ)で冒頭からこの話題を取り上げ、神田伯山は「基本的にちょっと真面目なこと言う」と宣言した。そうでないと自分にも火の粉が飛んできそうな気配がするからだ。

自分の講談を聞きにくる客らがどのような政治思想があっても、寄席は皆に楽しんでもらえる場所にしたいと伯山は考えている。そのため変なバイアスをかけたくないので、自身は政治に関する発言を控えているそうだ。そんな彼が一番驚いたことは、太田が聞かれてもいないのに「立憲民主党に入れました」と発言していたことだという。過去の選挙特番でも、MC自ら投票した政党を明かしているのを聞いたことがない。確かに政党幹部などに鋭い質問をぶつける池上彰などに「この人はどの政党に入れたのだろうか」と思うことはあるので、そう考えると「そこに太田さんが一石を投じたのかな」とも感じたそうだ。だがこんなにハッキリと「立憲民主党に入れた」と言っているのに、「枝野代表に嫌われてんだよね、もうそれが面白くて」と伯山は笑いが止まらなかったらしい。

11月1日放送のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で高田文夫は「政治家にあんだけさ、ズケズケと言える人っていない」と感心し、実際に立川談志ビートたけしが政治家とやり合う場面を見てきたが「あそこまでは踏み込まないよ、いきなり爺さんたちに」と太田の暴れっぷりを好意的に見ていた。伯山も「太田さんとかぐらいじゃないの? あんな吹っ切れるの」、「ああいう人がいなくなっちゃうともう今後、多分みんな空気を読む人ばっかりになっちゃう」と今後の選挙特番がつまらないものになるのではないか―と懸念している。

画像2枚目は『松之丞改め六代目神田伯山 2020年2月11日付Instagram「2020.2.10 最後の松之丞 独演会」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ