だいたひかる“アンチ”に反論も心配殺到…「ちょっと休んで」「お大事に」

まいじつ


(C)Cookie Studio / Shutterstock

かつて「どうでもいいですよ」のフレーズで人気を博したお笑い芸人・だいたひかるのブログが炎上している。

だいたは10月31日、『アンチからの心配』というタイトルで自身のブログを更新。《アンチから、ガンとパニック障害で子育てができるのか!? と心配の声をいただきましたが… できる!? できない!? の次元では無く、答えは「やるよ」》と切り出し、《ガンになった人やパニック障害になったら、何も出来ないと思っていらっしゃるのかしら!? 貴様の物差しは短足なのかな!?》と反論した。

続けて、《ガンでもパニック障害でも、仕事して子育てして… 皆さん忙しくしていますよ!! 貴様の物差しが、竹の子の如くスクスク育つ事を願っております ご機嫌よう》と言い放った。

「だいたは、2000年半ばにブレーク後、表舞台ではほとんど見かけなくなりました。06年に最初の結婚をした後、離婚を経て13年にアートディレクターの男性と再婚。16年の不妊治療中に乳がんが判明し、数度摘出手術を経験しています。今年5月には待望の第1子妊娠が判明し、現在妊娠7カ月を迎えていますが、今回どうやら一部アンチからの煽りに、耐えられなくなってしまったようですね」(芸能記者)

だいたひかるはSNSを休止すべき?


だいたの主張に、フォロワーからは

《辛い思いした分だけ、幸せになってほしいです。元気なお子さんを無事に出産できることを願ってます》
《こんな悲痛な思いをしてせっかく授かった生命なんだから、何とか無事に出産してもらいたいです》
《だいたさんのメンタルが心配です。アンチに負けず頑張ってください》
《負けないで! アンチは気にせず平和に生きましょう》

などとエールが送られている。しかし、アンチに対し過剰反応をしたことに、一部からは

《わざわざブログに書かなくてもいいのに。キンタロー。化してるね》
《アンチを拾うのはきりがないし、この方の主張もどうでもいい。お大事に…》
《妊娠中はメンタル不安定になる人もいるし、赤ちゃんの為にも穏やかに過ごせばいいのにね》
《今回のニュースきっかけにブログ覗いてみたけど、更新頻度がえぐくて引いた。今はちょっと休んでほしい》

などと厳しい声も散見される。

「だいたは多い日で20回以上もブログを更新するなど、自己主張が強いことから、子育てで炎上中のお笑いタレント・キンタロー。の姿と重ねる人もいるようです。人前に出る以上、アンチはつきものですが、SNSで〝貴様〟などと反論するのはちょっと違うのではないでしょうか。アンチをさらに煽ってしまうことになりかねませんからね…」(同・記者)

その後は何事もなかったかのように日常更新を続けている、だいた。自身の健康を考え、現在はSNSを休むことを優先したほうが良いのかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ