「社会全体で過去の真実に敬意を持って向き合い、亡霊を永遠に追い払うことができるような、よりポジティブな場所へと移行する必要がある」ジェラルド・ブッシュ監督&クリストファー・レンツ監督 『アンテベラム』 インタビュー/Interview with Gerard Bush and Christopher Renz about “Antebellum”

NeoL



前代未聞のスリルとサプライズで世界中の映画ファンを魅了した、ジョーダン・ピール監督の『ゲット・アウト』と『アス』。それらを世に送り出したプロデューサーのショーン・マッキトリックが放つ新たな衝撃作『アンテベラム』が、11月5日に全国で公開される。主演を務めるのは、俳優として、そして、数多くの音楽賞を受賞した経験を誇るアーティストとして活躍する、ジャネール・モネイ。リベラル派として知られるベストセラー作家のヴェロニカと、アメリカ南部のプランテーションで奴隷として過酷な労働を強いられているエデンという、まったく異なる境遇に生きる2人の女性を演じている。映画はこの2人の物語を軸に、想像を絶する迷宮のような世界へと観客を誘う異色のパラドックススリラーだ。メガフォンを執ったのは、本作が長編デビュー作となった、ジェラルド・ブッシュ、クリストファー・レンツの2人からなる新進気鋭の監督ユニット。映画の日本公開を前に、公私にわたるパートナーでもある2人へのリモートインタビューが実現した。(→ in English)

――『アンテベラム』のインスピレーションは夢だったそうですね?

ジェラルド・ブッシュ「僕は自分の周りのすべてのものに注意を払うようにしていて、それが夢であることもあれば、あえてスマホやテクノロジーから距離を置いて心を解き放つこともあるのですが、今回は少し違いました。本当に心に残るような悪夢を見て、震撼させられたのです。僕は悪夢を見た直後に詳細を書き留めて、翌朝になってクリストファーに説明しました。その時点で短編小説としてのアイデアの核ができて、そこから脚本を膨らませていったんです。それはとても奇妙かつ多面的な悪夢で、基本的には映画の中で忠実に再現されています」

――かなり恐ろしい悪夢だったわけですね。本作は2つのパートで構成されていますが、それも夢で見たままなのですか?

ジェラルド・ブッシュ「そうですね。僕は夢の中でヴェロニカという女性を傍観しながら、何てひどい状況なんだ、と思っていたんです。あんなにひどいことが起こっているのに、僕は彼女に何もしてあげられなくて。でも、悪夢の最後に状況が把握できて、うわ!と思いました(笑)」

[caption id="attachment_110180" align="alignnone" width="1800"]

A_D27_0137.RAF[/caption]



――ヴェロニカ/エデン役のジャネール・モネイが素晴らしかったですが、脚本を書いている段階から彼女を想定していたのですか?

ジェラルド・ブッシュ「特定の俳優を意識していたわけではありませんでした。なぜなら、僕らはヴェロニカを神話上のヒーローやスーパーヒーローのように感じていて、そのイメージに集中していたんです。ジャネールは、あらゆる面でそのイメージに当てはまる人で、マルチな才能の持ち主です。すべてが順調に進み、コラボレーションが実現して、僕たちはとても興奮しました。彼女も僕らと同じくらい喜んで参加してくれたんです」

――撮影に入る前に、ジャネールとはどのようなことを話し合いましたか?

ジェラルド・ブッシュ「僕らとジャネールにとって、特に黒人や黒人の女性たちにとってトラウマになるようなテーマを追求しなければならないときは、安全な環境を整えることが非常に重要でした。毎日プランテーションで撮影するのは、決して楽だったとは言えません。本物のプランテーションで撮影したので、それはとてもつらい空間でした。神聖な場所で撮影するわけですから、その過程ではきちんと敬意を払う必要があります。本人だけでなく観客にとっても信ぴょう性のある方法で、彼女が安心してこの役を追求できるような空間を提供すること。それが彼女との会話で最も重要な話題だったと思います」

[caption id="attachment_110173" align="alignnone" width="2000"]

A_D21_0253.RAF[/caption]

[caption id="attachment_110181" align="alignnone" width="2000"]

A_DO1_0276.RAF[/caption]

――エリザベス役のジェナ・マローンの怪演も見事でした。

クリストファー・レンツ「ジェナは居心地をよくするために、ジャネールとたくさんの時間を過ごしていたのですが、その一方で、彼女たちには緊張感も必要でした。ジェナは素晴らしい俳優で、見事に演じてくれたと思います。さまざまなアイデアを出してくれて、一緒にキャラクターを作り上げていったのですが、この役をとことん追求してくれました。素晴らしかったです」

ジェラルド・ブッシュ「僕らは役者が大好きなんです。結局のところ、僕たちの世界観をスクリーンに描いてくれるのは、彼らのような素晴らしい役者なのですから」

――本作は、ブラック・ライブズ・マター運動や世界的なパンデミックの真っただ中にあった昨年9月に全米公開されたそうですね。このタイミングで公開したことには、どのような意味があると思いますか?

ジェラルド・ブッシュ「僕らはBLM運動が起こることを想定していたわけではありません。実は映画会社には、すべてが起こる前の昨年2月に公開したいと話していたのですが、彼らはすでに公開日を決めていました。もちろん、それはパンデミックやBLM運動の真っ最中だったわけですが、映画はそれよりもずっと前に完成していたんです。僕たちにとっては、このアートが与えられた空間の中で花開き、進化していくことがとても楽しみです。なぜなら、僕たちは『アンテベラム』がアメリカの最新の変曲点、そして率直に言えば、コロナ禍における全世界の変曲点という、特定の瞬間を捉えたスナップショットとして、時の試練に耐え得る作品だと確信しているからです」

[caption id="attachment_110182" align="alignnone" width="2000"]

A_D22_0178.RAF[/caption]

[caption id="attachment_110175" align="alignnone" width="2000"]

A_D16_0186.RAF[/caption]

――この映画はウィリアム・フォークナーの「過去は決して死なない。過ぎ去りさえしないのだ」という言葉とともに始まります。なぜあの一節を引用したのですか?

ジェラルド・ブッシュ「世界的に考えて、アメリカの南部連合から始まり、ナチスがあり、さらに第2次大戦まで早送りすると、アメリカはアジア系の人々を捕まえて収容所に閉じ込めていました。そして最終的に、今ではワクチンについてさえ同意できないほど国が二極化するという状況に陥っています。僕たちが過去の真実とその醜さに正面から向き合えるようになるまで、それは何度も何度も今この瞬間を悩ませ続けることになるのです。休止することはあるかもしれません。でも、それはどこかで冬眠してさらなる力をつけ、最も都合の悪いタイミングに、以前よりもはるかに強い勢力を持って、醜い頭をもたげてくるだけなのです。だから、僕たちは社会全体で過去の真実に敬意を持って向き合い、亡霊を永遠に追い払うことができるような、よりポジティブな場所へと移行する必要があると考えています」

――アメリカの観客からの反応で印象的だったものは?

ジェラルド・ブッシュ「アメリカでは、本作に対する意見は大きく分かれました。予想はしていたのですが、まるでダイナマイトを投下したかのようでした。それと同時に、僕らは本作を劇場公開するつもりでしたし、世界的なパンデミックやBLM運動、そして、ジョージ・フロイドが悪徳な警官の手によって殺害される事件が起こるとは想定していませんでした。ですので、そういった出来事の直後に公開された『アンテベラム』は、まるで火薬庫のようなものでした。本当に挑発的なアートを作ったならば、作品を中心とした対話を引き起こすことになり、意見は分かれるはずです。作り手である僕らにとって、人々の意見を客観的に捉えるのはとても難しいことです。しかし同時に、もしこれが自分の映画ではないとして、本作を取り巻く会話を傍観していたとしたら、『これこそが芸術のあるべき姿だ』と思うはずです」

[caption id="attachment_110177" align="alignnone" width="2000"]

A_D06_0193.RAF[/caption]

[caption id="attachment_110176" align="alignnone" width="1800"]

A_D14_0140.RAF[/caption]

――本作はエンターテインメントとして非常に面白いだけでなく、学ぶことも多い作品です。どのようにして、このようなバランスを保つことができたのですか?

ジェラルド・ブッシュ「『アンテベラム』で絶対にやりたくなかったのは、90分にわたって非難することでした。僕たちにとっては楽しませるだけでなく、教育することも大切だったんです。薬を乗せたスプーンを口に無理矢理押し込んだって、楽しくないし、受け入れられないはず。でも、とても美味しいものの中に薬を忍ばせれば、彼らはそれを受け入れて、何日も何週間もかけて処理するかもしれないし、2ヶ月後にも友だちとそれについて話しているかもしれない。ずっと心に残るのです。それが僕らが『アンテベラム』で実現したかったことです」

――本作は日本でもたくさんの会話を生み出すと思います。日本公開については、どのように思っていますか?

ジェラルド・ブッシュ「この映画が日本で公開されることに、非常に興奮しています。劇場向けに作った作品なので、日本の皆さんに劇場で体験してもらえることがとてもうれしいです。日本のカルチャーは、まさに映画やストーリーテリングのチャンピオンですよね。だからこそ、アートや芸術に熱心な観客に向けて本作を上映できるなんて、本当に興奮しているんです」

[caption id="attachment_110178" align="alignnone" width="1024"]

A_D08_0193.RAF[/caption]

[caption id="attachment_110183" align="alignnone" width="1800"]

A_D23_0191.RAF[/caption]

――お二人は公私にわたるパートナーだそうですね。監督や脚本家として、どのように共同作業しているのですか?

クリストファー・レンツ「脚本家兼監督であるということが、一番の助けになっているような気がします。一緒に脚本を書いて、すべての問題やアイデアをまとめることができるからです。脚本の最終稿が出来上がる頃には、たったひとつのビジョンがあって、2人ともそのビジョンを持って撮影に臨みます。そして、脚本で作り上げたことがちゃんとスクリーンに反映されるように、現場では休みなく働いています」

ジェラルド・ブッシュ「公私にわたるパートナーという点に関しては、始まりからそうだったんです。大切な人と一緒にアートを作るというのは、類い稀でユニークな体験だと思います。でも、僕らはこれしか知らないですし、しっくりくるんですよね。自分たちのコラボレーションや非言語的なコミュニケーション、お互いにスペースを与えるということ。というのも、執筆のプロセスと映画製作のプロセスはまったく違うんです。僕たちにとって、そして、おそらくほとんどの作家にとって、執筆のプロセスには孤独が必要です。隔離された状態でひとりで考えを巡らせてから、再び集まって、そこまでにできた内容をもとに共同作業に入るのです。僕らは一緒になって……14年も経つんだ! だから、お互いのことはよく知っているし、どうやって進めるべきかもわかっています」

――映画作家として、そして活動家として、次の作品ではどのような問題やメッセージに取り組みたいですか?

ジェラルド・ブッシュ「僕たちは気候変動の危機に本気で取り組んでいて、次の映画『Rapture』では、その問題を真正面から取り上げています。それにHBO Maxでは、とてもエキサイティングなテレビシリーズを予定しているんです。サーフカルチャーをテーマにしているようで、実はそれ以外のことも隠されているような、SF的な展開の作品です。他にもものすごくクレイジーな企画が控えているのですが、まだ詳細は話せません。まずは『アンテベラム』を楽しんでいただいて、本作が生み出すあらゆる意見や会話を聞くために待機しています」

――ありがとうございました。最後に日本の観客にメッセージをお願いします。

ジェラルド・ブッシュ「『アンテベラム』を日本で公開できて、とてもうれしいです。映画をとことん楽しんで、物語を追体験するだけでなく、僕たちが生きる世界について、また、人間としてお互いに改善していく責任があることについてなど、多くのことを考えるきっかけになるといいなと思っています」



text Nao Machida

『アンテベラム』11月5日(金)より全国ロードショー※TOHOシネマズ シャンテは11月7日(日)よりhttps://antebellum-movie.jp出演:ジャネール・モネイ、エリック・ラング、ジェナ・マローン、ジャック・ヒューストン、カーシー・クレモンズ、ガボレイ・シディベ脚本・監督:ジェラルド・ブッシュ&クリストファー・レンツ2020年/アメリカ/英語/106分/カラー/スコープ/5.1ch配給:キノフィルムズ提供:木下グループ(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.


――I read that you were actually inspired by your dream to make this film?

Gerard Bush: I try to pay attention to everything around me, whether it's a dream or whether I've sequestered myself away from the phone and technology so that I can let my mind wander. But this was a little bit different. It was just a really haunting nightmare that shook me. In fact, I had written every detail of it shortly after I had the nightmare, and then the next morning, I talked about it with Christopher. That's when we had the kernel of the idea for the short story, and we sort of went from there to the script. But yes, it was a very, very strange, multifaceted nightmare, which essentially is the movie pretty much.

――That must have been quite a nightmare. I need to be careful not to spoil it for the people who haven’t seen it yet, but the movie consists of two different parts. Was that in your dream as well?

Gerard Bush: Yeah, I was observing this woman, Veronica, and I was like, “This is really awful.” This is happening to her and there was nothing I could do to help her. But at the end of the nightmare, I realized what was going on and I was like, Whoa! [laughs]

[caption id="attachment_110180" align="alignnone" width="1800"]

A_D27_0137.RAF[/caption]



――Janelle Monae was amazing in the film as Veronica and Eden. Did you have her in mind when you were writing the script?

Gerard Bush: We did not have a particular actor in mind, because we were so focused on Veronica just as what felt to us almost like a mythological hero or a super hero. Janelle fits within that description in myriad ways. She is a multi-hyphenated talent. We were excited that it all worked out and we were able to collaborate together, and she was equally as excited as we were to have her to join the project.

――What did you and Janelle discuss about before going into production?

Gerard Bush: It was really important for us and for Janelle that we create a safe environment when having to explore such traumatic themes, particularly for black people and black women. Every day, when we were on set on the plantation, I can't say that it was especially easy. It's a really difficult space because it was an actual plantation. You are shooting on hallowed ground, and so you have to be really respectful throughout that process. Our conversations with Janelle were to essentially provide her the space that she needed to feel safe and be able to explore this character, in ways that would feel and be authentic to her and translate as authentic to the audience. That was probably the most important sort of conversation that we had with Janelle.

[caption id="attachment_110173" align="alignnone" width="2000"]

A_D21_0253.RAF[/caption]

[caption id="attachment_110181" align="alignnone" width="2000"]

A_DO1_0276.RAF[/caption]

――Jenna Malone who played Elizabeth was very eerie and great.

Christopher Renz: She spent a lot of time with Janelle so that they would feel comfortable together, but they also needed that tension. I think that she did an incredible job, she is such a fantastic actress. She comes at you with all these ideas, and we work with her to kind of mold the character, and she really went for it. She was incredible.

Gerard Bush: We love actors. Because at the end of the day, it's these incredible artists that bring our words to life on screen.

――The film was released in the states in September last year, in the middle of Black Lives Matter movement and the global pandemic. What did it mean for you to tell this story at this moment?

Gerard Bush: We didn't plan on the Black Lives Matter movement happening. In fact, we had a big conversation with Lionsgate about releasing the movie in February, which would have been prior to all this happening, but the studios had a very specific date. Obviously, it fell into the middle of the pandemic and Black Lives Matter, but we had already made the movie so long before that. I think that for us, we are really looking forward to the art as it continues to bloom and to evolve within its space. Because we are pretty confident that “Antebellum” is a film that should, we hope, stand the test of time as a snapshot of that very particular moment in our country's latest inflection point, and quite frankly, in the entire world's inflection point of what happened with Covid.

[caption id="attachment_110175" align="alignnone" width="2000"]

A_D16_0186.RAF[/caption]

[caption id="attachment_110182" align="alignnone" width="2000"]

A_D22_0178.RAF[/caption]

――Why did you begin the film with a famous William Faulkner quote, “The past is never dead. It’s not even past”?

Gerard Bush: Because globally, if we look at the original confederacy here in the United States and then we fast forward to the Nazis. And then, we fast forward from there to even in World War II here in our country, when we grabbed up people from Pacific Asian heritage and put them on camps. And lastly, we ended up in this place now, where we are so polarized as a country that we can't even agree on vaccines. It's just until we can get to a place that we can confront the truth and all of its ugliness of our past head on, it is going to continue to haunt our present moment, over and over. It might take a respite, but it's only going somewhere to hibernate to gain more power and strength and to rear its ugly head at the most inopportune time, with much more potency and strength than it did before. So I think that we need to make a concerted collective effort as a society to confront the truth of the past, in a respectful manner, so that we move to a more positive place where we can put those ghosts away for good.

――What were some of the feedback that were interesting to you from the American audience?

Gerard Bush: It was a really, really polarizing film here. It was like dropping a stick of dynamite which we expected. But also, our expectation was that we were going to be in the theaters and there was not going to be a global pandemic, and the Black Lives Matter movement, and George Floyd being murdered at the hands of rogue police officers was going to happen in this country. So it was a powder keg when we released “Antebellum” shortly after all of those events. I would say that creating really provocative art, if you are doing it properly, would mean that you will catalyze a dialogue around the material and that would be quite polarized. So for us, it's really difficult as the creators behind this work to be objective about what people are saying. But at the same time, if it were not my film, and I was looking at the conversation that was surrounding it, I would say, well, that's exactly what art should do.

[caption id="attachment_110177" align="alignnone" width="2000"]

A_D06_0193.RAF[/caption]

[caption id="attachment_110176" align="alignnone" width="1800"]

A_D14_0140.RAF[/caption]

――This film is very entertaining and also educating. How did you manage to keep that right balance?

Gerard Bush: What we never wanted to do with “Antebellum” was finger wag for over 90 minutes. It was important to us that we entertain, as well as educate. If you are just putting the medicine on a spoon and shoving it in someone's mouth, that's not entertaining, nor it's not going to be palatable to them. But if you put the medicine inside something really delicious, then they get it, and they process it, and they could process it for days or weeks, or they are talking about it with friends two months later. It's something that sticks with you. That's what we were hoping we would achieve with “Antebellum.”

――I think it would start a lot of conversations here. How do you feel that the film is about to be released in Japan?

Gerard Bush: We are really excited that this film is being released in Japan. We are excited that Japanese people would have the theatrical experience, because we made the film specifically for the theaters. The Japanese culture, they are really champions of film and storytelling. For that reason, obviously, we are really excited to get our film in front of such a really enthusiastic audience about art and about film.

[caption id="attachment_110178" align="alignnone" width="1024"]

A_D08_0193.RAF[/caption]

[caption id="attachment_110183" align="alignnone" width="1800"]

A_D23_0191.RAF[/caption]

――You are creative partners and also life partners. How do you work together as co-directors and co-writers?

Christopher Renz: I think that being writer-directors helps the most, because we are able to create this script together and work out all the issues and all our ideas. By the time we get to the final version of the script, we both have a singular vision and we go set with that same singular vision. And we are both working tirelessly on set to make sure what we created in our script is what's brought to the screen.

Gerard Bush: I also think when you talk about our being a couple as life partners as well as creative partners, that's been us since day one. I think that it's an extraordinary unique experience to have, to create art with your person. But it's all we've ever known and it feels right, the collaboration, the nonverbal way of communicating with each other, being able to allow the space. Because the writing process is very different from the filmmaking process. The writing process for each of us, and I daresay for most writers, it's compulsory that there is solitude, that place that you can be alone with your thoughts separate and apart from anybody, and then come back together and collaborate on that work. We’ve been together for… 14 years! So we know each other pretty well and we know how to navigate.

――As activists and filmmakers, what are some of the issues or message that you would like to address on your next project?

Gerard Bush: We are so glad you ask that. We are really committed to the climate crisis. Our next film “Rapture” deals with that head on. We also have a really exciting TV series at HBO Max, which is seemingly about surf culture, but it's about something else, too. It's a science fiction twist. We also have something else in the works that's really, really crazy that we can't talk about just yet. But first up is “Antebellum” and we are going to be standing by to hear all the feedback and the conversations that this film will generate.

――Thank you so much. Would you please send a message to Japanese audience?

Gerard Bush: We are really excited to bring “Antebellum” to Japan. We hope that you not only walk away from the film thoroughly entertained, and feeling like you've been on a ride and had a real experience, but it also leaves you with a lot to ponder about the world that we live in and how we as human beings have a responsibility to each other to try to do better by each other.



text Nao Machida

当記事はNeoLの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ