美肌コスメを一瞬で見抜く裏ワザ。成分表は2番目をチェックして

女子SPA!

 美白にアンチエイジング、マスク荒れ敏感肌用品まで、日々アップデートされるコスメ。でも何に効くのかさっぱりわからないですよね。実は、『美肌コスメは一瞬で見抜ける!』(KADOKAWA)のです。「見るべき成分だけ教えます!!」とコスメの裏話をあかしてくれたのが、著者の化粧品子さん。CILA化粧品成分上級スペシャリストで、現在もドラッグストアに勤務し最新のプチプラコスメを研究しているといいます。

◆化粧品、見るべきは成分のみ!

コスメを買う時、皆さんは何を参考にしますか。美容系インスタグラマーが薦めていたから、老舗ブランドが手がけたから、値段が高いから、etc。案外、ふわっとしたイメージで決めてしまうもの。

パッケージが可愛ければ気分も上って、心は癒されるかもしれませんが、肌が欲しているのは上質な成分です。コスメを手にしたら成分表チェックは必須。成分を見てもカタカナばかりでやっぱりわからない、と嘆く前に、ポイントをしっかりおさえておきましょう。

◆これが美容液級の化粧水

下は千円以下から上は一万円以上まで、化粧水の価格帯って広範囲。でも成分表を見ると最初に「水」と書かれていませんか。本書によると、成分表示は「だいたい上から5番目くらいがベース」。さらに「配合量の多い順に書かれている」「植物エキスなど1%以下のものは順不同」という掟があるそうです。安くても高くても80%~90%が「水」、そして「その次に書いてある成分で一次審査する」。

化粧水の役割は、私達世代だと保湿ですよね。本書によると、「水性成分の中で最も保湿力が高いのが、グリセリン」。次いで「BGは低刺激、DPGはサラッとした使用感が魅力的な保湿剤」。乾燥が気になる人はグリセリンがイチ押し、逆に油っぽさが気になる人はエタノール成分配合の化粧水を候補に挙げるのが良さそう。

化粧水ひとつにも、いくつかの効果を求めてしまう、欲ばりな私達。本書がお悩み別にオススメしてくれた化粧水がこちらです。

◆ドラッグストアで買える!一軍化粧品

・毛穴派さんに

ロート製薬「メラノCC薬用しみ対策 美白化粧水しっとりタイプ」[医薬部外品]

☆高浸透ビタミンC誘導体と肌荒れ防止成分が有効成分。

・美白派さんに

ロート製薬「肌ラボ白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水」[医薬部外品]

☆有効成分はトラネキサム酸とグリチルリチン酸2K。ビタミンCも入っている。

・敏感肌さんに

第一三共ヘルスケア「ミノンアミノモイスト エイジングケアローション」

☆化粧水が入りにくいと感じる敏感肌にも角質層まで浸透。

・シワ派さん

常盤薬品工業「なめらか本舗 リンクル化粧水N」

☆レチノールとパルミチン酸レチノールをW配合。

ここに挙げた化粧水は、ほぼ千円以下。詰め替え用もあってコスパ最強です。それこそ水感覚でたっぷり使えますから、シートパックしてもいいですね。

◆すっぴん力を鍛えるクレンジング

オイル? ジェル? ミルク? それとも拭き取り?種類が多くて迷うのがクレンジングです。洗浄力が高いせいか、最近敬遠されがちなのがオイル。しかし本書はオイルを猛プッシュ。オイルは肌にのせている時間が短時間で済み、メイクや日焼け止めをスッキリ落とすというのが、その理由です。

勘違いしがちなのが、オイルが1種類だと思ってしまうこと。オイルを厳選すれば、皮脂を落とさずやさしくメイクオフできるのです。ここでクレンジングオイルのチェックポイント。

・肌のうるおいを奪わないのはエステル系と油脂系

エステル系は、日焼け止めやメイクと似た性質のオイル。代表的なのは、エチルヘキサン酸セチルやパルミチン酸エチルヘキシル。

・油脂系オイルはさらに脱脂力がマイルド

ホホバ種子油やコメヌカ油などの油脂系オイルは乾燥肌さん向き。ウォータープルーフの日焼け止めやマスカラなどはやや落ちにくい。

======

化粧水とクレンジングのみ取り上げましたが、正直全然たりません。本書には、スキンケアのみならず、メイク用品、日焼け止め、ヘアケア製品まで事細かく分析してあるのです。本書があれば、全身コスパ最強も夢ではないかもしれません。デパコスめぐり、ネットサーフィンするなら、本書を一読!明日の美肌を約束します。

―小説家・森美樹のブックレビュー―

<森美樹>

【森美樹】

1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)、『母親病』(新潮社)、『神様たち』(光文社)を上梓。Twitter:@morimikixxx

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ