『ざんねんないきもの事典』アニメ映画化、ポスター&特報映像が解禁

dwango.jp news


シリーズ累計450万部突破の大ヒットを記録し、その勢いがとどまることのない大人気シリーズ『ざんねんないきもの事典』(高橋書店刊)が『映画ざんねんないきもの事典』として、2022年夏公開予定でアニメ映画化される。このたび映画で展開される3つのストーリーとそれぞれのスタッフ、そしてポスターと特報映像が解禁された。



『ざんねんないきもの事典』は、いきものに少しでも興味と愛情をもっていただけるよう、あえて「ざんねん」という⾔葉を使って、これまでの本ではあまり語られてこなかったいきものの“意外な一面”を紹介している大人気児童書シリーズ。『映画ざんねんないきもの事典』では、世界中の様々ないきものについてリサーチし、豊かな自然の存在とともに「ざんねんないきもの」たちが多数生息する南極・オーストラリア・日本(⻑野県安曇野)の3カ所を物語の舞台に選定。3つのオリジナルストーリーが展開される。

アデリーペンギンが主人公の【南極編「ペンたび」】の監督と脚本は、アニメ『ざんねんないきもの事典』(演出)や『紙兎ロペ』(原作・監督)のウチヤマユウジ。コアラの「リロイ」が主人公の【オーストラリア編「リロイのホームツリー」】の監督はCGアーティストで『ピングー in ザ・シティ』やTVアニメ『おばけずかん』で監督を務めるイワタナオミ、 脚本は『妖怪ウォッチ』『宇宙兄弟』TVアニメ『宇宙なんちゃら こてつくん』などの構成・脚本を手掛ける加藤陽⼀。ニホンノウサギの「ウサオ」が主人公の【日本編「はちあわせの森」】では、 監督を『リョーマ︕ The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』アニメーションディレクター、『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』協⼒ディレクターの由水桂、脚本をアニメ『大家さんと僕』などの脚本を手掛ける大人計画所属・細川徹が担当する。

個性的で“ざんねん”ないきものたちが、それぞれの監督、脚本によって描き出される。アニメーション制作はアニメ『ざんねんないきもの事典』、『映画 すみっコぐらし ⻘い⽉夜のまほうのコ』、『アグレッシブ烈子』などキャラクター系アニメの話題作を続々と手掛けるファンワークスが担当する。

あらすじ&制作陣 コメント>

【南極編「ペンたび」】 

あらすじ

ラクしてモテたいアデリーペンギンは、仲間たちといっしょに、迷子になったとあるペンギンを家族の ところまで送り届けることに。だけどゆる~い会話ばっかりしていて、ほんとうに⼤丈夫︖

監督・脚本︓ウチヤマユウジ 

映画に携わらせていただいて、南極のいきもの達のことをたくさん知ることができてめちゃめちゃ楽しく制作しています。 ペンギン達のゆるっと頑張る姿を楽しんでいただけたら嬉しいです︕お楽しみに︕

【オーストラリア編「リロイのホームツリー」】 

あらすじ

オーストラリアにある自然が豊かな島を舞台に、コアラのリロイが自分だけのユーカリの木(ホームツリー) をさがす旅に出発︕道中で出会う個性的な仲間たちといっしょに⼤冒険がはじまる︕

監督︓イワタナオミ 

「リロイのホームツリー」は、コアラの少年リロイが、仲間達と旅をする冒険物語です。登場するオーストラリアのいきもの達は、ちょっとざんねんだけど、憎めない魅⼒があります。温かみのあるCGで表現されたいきもの達が、オーストラリアの自然の中で、コミカルに生き 生きと活躍します。涙あり、笑いありの楽しい作品を目指しましたので、ご家族で是非ご覧ください。リロイと、オーストラリアのいきもの達が劇場で待ってます︕

脚本︓加藤陽⼀ 

オーストラリア編『リロイのホームツリー』の脚本を担当しました。コアラのリロイくんが、かわいく楽しく、ちょっぴりざんねんないきものたちと⼀緒に繰り広げる大冒険。もちろんオモシロ知識も待っています。いきものたちには――僕たちにもざんねんなところはあるけれど、それってホントにざんねんなのか。イワタナオミ監督の素敵なアイディアのもと、あったかい気持ちになっていただける⼀編を目指しました。ぜひご覧ください︕

【日本編「はちあわせの森」】 

あらすじ

⻑野県安曇野の自然にくらす、強がっているけど本当はびびりのニホンノウサギのウサオが家出︕︖ 山で いろんないきものに出会ったウサオは、ちゃんとおうちに帰れるのかな︖

監督︓由水桂 

今作の舞台となる安曇野には、2度にわたりロケハンでお邪魔しましたが、それぞれの季節の⾊彩、そしていきもの達の気配を感じ、日本の自然の美しさに改めて感動しました。 今作では、強がりなのに、ちょっぴりビビリなウサオの冒険を描くことで、⾝近な⾥⼭にも、こんな素敵ないきもの達が頑張って暮らしているんだなぁ…と、感じてもらえるような作品にしたいと思っています。

脚本︓細川徹 

小学生の娘の愛読書でもある「ざんねんないきもの事典」に関わることができて、珍しく娘に自慢できる仕事となりました。 ニホンノウサギは、ペンギンやコアラに比べると、「知ってるよ」と言いたくなるくらい⾝近な感じかもしれません。しかし、ウサギにも、かなりのざんねんポイントがありますので、ざんねんさでは、負けてないかと思います。他の国にはない四季の中で、ざんねんを出来るだけ盛り込んで描いた日本編、楽しみにしてください。

■『映画ざんねんないきもの事典』
2022年夏 全国ロードショー
配給︓イオンエンターテイメント
(C)2022「映画ざんねんないきもの事典」製作委員会 (C)TAKAHASHI SHOTEN

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ