すた丼屋、にんにくたっぷりの新メニューが最高すぎる 激ウマだが問題点も…

しらべぇ




人気丼チェーンの『伝説のすた丼屋』は11月1日より、「すたみな極カルビステーキ丼」(980円)を販売。しらべぇ編集部はさっそく、最寄りの店舗へ足を運ぶことに…。

■にんにくの多さに衝撃走る




同メニューは、ステーキ丼を『すた丼屋』流にアレンジ。脂の乗った大判カルビを「特製すたみなステーキソース」で炒め上げ、その上からにんにく背脂をかけたパンチ力抜群の一品である。



主役となるカルビは肉厚で長さも8cmもあるというので、ガツガツ食べるためご飯大盛り(+120円)を注文。期待に胸を膨らませながら5分ほど待つと、お目当てのものが提供された。



デカ盛りレベルのボリュームもなかなかスゴいが、一番驚かされたのは圧倒的なにんにくの量。マスク越しでも、食欲をそそる香りが鼻を刺激するのだ。あぁ、早く食べたい…。

関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■ご飯をかき込みたくなる味




お昼時、空腹も限界に達していた記者はさっそく一口。噛めば噛むほど、カルビの上質な脂が溢れ出してくるではないか…。それだけでなく、濃厚なにんにくの風味もたまらない。



カルビのうま味が口にある内に急いでご飯をかき込む。うん、これは最高すぎる…箸が止まらなくなってしまった。カルビ×にんにく×ご飯の足し算は鉄板である。

■半熟卵の投入で状況が一変




無心でかき込み、半分まで食べ進めたところで半熟卵を投入。濃厚な味わいのカルビがどのような変化を見せるのだろう。



半熟卵をつぶし、黄身がよく絡んだカルビを食べて記者は勝利を確信。まろやかさがプラスされ、ワンランク上の味に進化しているのだ。

■かなり濃い目の味付けだが…




あまりのウマさにさらにペースアップし、提供後10分も経たないうちに完食。かなり濃い目の味付けなので、「途中でクドくなるかも…」と心配もあったが、飽きのこない味で問題なく食べきることができた。

ただ臭いはものスゴく、しばらくの間ニンニク臭が取れないので覚悟が必要である。仕事の昼休憩などで食べるのには向かないかもしれない。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ