山口紗弥加、14年ぶり『世にも奇妙な物語』登場 不思議な“金の卵”に取りつかれる母親怪演

クランクイン!

 11月6日21時放送の土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’21 秋の特別編』(フジテレビ系)で母親役を怪演する女優の山口紗弥加が、「ここまで激しいお芝居をするとは想像もしていなかった」と撮影を振り返った。

同番組は、おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが視聴者を“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズの最新版。4つのオムニバスストーリーで構成され、それぞれ森七菜、赤楚衛二、桐谷健太、山口紗弥加が主演を務めることが発表されている。

山口が登場するのは、4つの“奇妙な”エピソードのうちの一つ『金の卵』。2007年3月に放送された『世にも奇妙な物語 春の特別編』内の『午前2時のチャイム』以来、約14年ぶり2回目の出演で主演を務める。そして、山口の夫役を、本シリーズ2年ぶり4度目の出演となる長谷川朝晴、娘役を女優の小野莉奈が演じる。

山口は、ごく普通の主婦・一ノ瀬亜美を演じる。一ノ瀬家は、妻・亜美と長谷川演じる夫・克彰、小野演じる娘・夕子の3人家族。スーパーで買い物をして帰ってきた亜美は、袋からセール品の卵を取り出すと、割れていることに気付きショックを受ける。しかし、その割れた卵の隙間から金色の光が見え…気になってのぞいてみると、鈍く光る“金の卵”が現れる。

翌朝、朝食の片付けをしていると、テレビで「卵を買っただけなのに、世界一周旅行が当たった!」と喜んでいる人が紹介されているのを目にする。昨日の“金の卵”が頭をよぎる亜美。すると…その晩、克彰が「(仕事の)企画のコンペが通って、報奨金をもらった!」と大喜びして帰宅してくるのだった。さらに、亜美も買った宝くじが当選していることに気付く。次々と亜美の周りではラッキーなことが起きて…。スーパーで偶然手に入れた“金の卵”。その卵をきっかけに、亜美は不思議な力に取り付かれていく―。

山口は、自ら演じた一ノ瀬亜美について「安いスーパーを回って食材を買ったり、と倹約家でお金をとても大事にしている人です。でも、もう少しお金があれば、もうちょっと楽にできるのにという願望も心の奥にはきっとあって…」とした上、「そんな亜美を演じてみて、願望って紙一重だなって。大きな希望にもなり得るし、破滅をもたらす可能性もあって、弱い心はもろ刃の剣になるという…。願望が欲望に切り替わる瞬間、というものを体験した気がします。そこがすごく面白く、興味深かったです。そして、まさかここまで激しいお芝居をするとは想像もしておらず、仕上がりがどうなっているのか今からワクワクしています」と語った。

土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’21 秋の特別編』は、フジテレビ系にて11月6日21時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ