鷲見玲奈『ドクターX』出演に大ブーイング!「見るのパス」「人選んで」

まいじつ

鷲見玲奈 
鷲見玲奈 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

フリーアナウンサーの鷲見玲奈が、11月4日に放送されるドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)第4話に出演することが決定し、話題となっている。

同ドラマは、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、試行錯誤を重ね困難に立ち向かう天才外科医・大門未知子(米倉涼子)を中心に展開される医療ドラマ。2年ぶりの新作となる第7弾では、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に物語を展開していく。

第4話では、甲状腺がんで極秘入院した人気ミュージカル俳優・四季唯花(凰稀かなめ)が、外科手術を断固拒否。代わりに「ケミカルサージェリー」を選択したことで、医局の勢力争いはますます激化していく。また、外科VS内科の勢力争いに加え、俳優同士の争いも勃発。その火付け役となるのが、鷲見演じる唯花のライバル俳優・早水楓だ。

今回の出演に際し、鷲見は《『ドクターX』にゲスト出演できると初めて聞いたときは、自分の耳を疑いました。まさか出演できるなんて思ってもみなかったです》《私が演じるのは、ミュージカル俳優から、主役の座を奪おうとするライバル俳優です。牌(パイ)を争うという意味では、私が経験したアナウンサーの世界にも通じる部分があるのかもしれません。たくさんのファンがいらっしゃる〝愛されるドラマ〟に参加するのは不安もありますが、どうか温かい目でご覧いただけたら、うれしいです》とコメントを寄せている。

鷲見玲奈の『ドクターX』出演を不安視する声


鷲見の演技に注目が集まっているが、放送前にもかかわらず、視聴者からは

《鷲見さんっていったい何を目指してるの? 世界観ぶち壊しにならなきゃいいけど…》
《リアルな俳優の隣で俳優役を演じるのって気が引けてしまいそう》
《俳優かぶれな元女子アナ多すぎ。『ドクターX』も人選んだ方がいいよ》
《せっかく『ドクターX』期待してたのに残念。見るのパスするわ》
《アナウンサーの仕事が来ないのは、失格の烙印がついたからですよね。俳優を目指すのは勝手だけど、舐めている感じしかしない》

などと、早くも大ブーイングが起こっている。

「鷲見は今年1月に『アプリで恋する20の条件』(日本テレビ系)で俳優デビューを果たしていましたが、たいして話題にもなっていませんでしたね。8月に発売された写真集もAmazonのレビュー欄には酷評が溢れていたので、本人的には俳優業に力を注ぎたいのかもしれません」(芸能記者)

俳優としてまだ駆け出しの段階である鷲見。『ドクターX』で好感度を回復してくれることを期待したい。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ