吉田朱里 ガードルデビューでお尻コンプレックスを解消!?

Entame Plex



NMB48の元メンバーで現在美容系YouTuberとして活動する吉田朱里が10月20日、都内で行われた「田中みな実×PEACH JOHNファーストガードル」発売記念イベントに登壇した。イベントには吉田の他、ガードルをプロデュースしたアナウンサーで女優の田中みな実、YouTuber芸人のフワちゃん、お笑いコンビ・納言の薄幸が登壇した。

ゲストの3名は田中プロデュースの“ファーストガードル”の魅力を伝えるべく、田中がそれぞれに合わせてコーディネートした『ヒップラインが際立つ衣装』に身を包み登場。フワちゃんと薄は下半身のシルエットがはっきり見えるニットワンピース姿を披露した。一方で吉田は、48グループの先輩・小嶋陽菜がプロデュースを手掛ける「Her lip to」のデニムを合わせ、カジュアルなスタイルでモデルウォークを見せて会場の注目を集めた。



これまでガードルに馴染みのなかったというゲストの3人は、履き心地の軽やかさや、お尻の見え方を大絶賛。中でも吉田は「お尻がないのがコンプレックスで、デニムとか履いてもプリッとならないのが嫌だったんですけど、びっくりしました。キュッと上がった感じがするし、でも履き心地がピタッとしてくれてあんまり履いてる感はなくてすごくいいです」と褒めちぎった。YouTube配信を見ている視聴者からも「あかりんスタイル良すぎ!かわいい!」のようなスタイルを称えるコメントが見られた。一方で、「あかりんみたいにデニムの下に履いてもきつくないですか」というガードルの締め付け感に関する質問も。

これに吉田は「全然キツくないです。履いてないみたいだけどプリッとあがるのでデニムを履きたくなる。人生が変わる、デニムを履きたいと思う様になると思う」と、着用した上での素直な感想を伝えた。吉田は心の底からファーストガードルを気に入ったようで、「ガードルって全然なじみがなかったんですけどこんなに変わるんだと思うとワクワクします。ファッションも楽しめるし、今のうちからケアして将来きれいなお尻になれるように頑張りたい。応援してくれるファンの子にも教えたい」と笑顔で語った。



吉田も大絶賛のこのファーストガードルは、「毎日ブラジャーをつけるようにガードルを履くことを日々の習慣にしてほしい」という田中の思いから誕生したという。イベントの終盤に田中は「この1年ずっとお尻とガードルのことばかり考えていました。100着ほどのガードルを入手して研究しました。本当に頑張りました!」と改めてガードルに込めた想いを語った。

当記事はEntame Plexの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ