前橋「白井屋ホテル」心ときめく音色と美食を味わう年越し2泊3日宿泊プラン

IGNITE


年末年始、音楽に身を委ねながらのホテルステイはまさに天国。



■白井屋ホテルの正月プラン

群馬県前橋市に位置する「白井屋ホテル」では、年末年始2泊3日限定宿泊プランの予約を開始している。

「前橋のまちなかを活性化したい」という想いから建築家 藤本壮介氏をはじめ、国内外のクリエイターが集結し、300年以上もの歴史がある白井屋旅館を大胆にリノベーションし、2020年12月に白井屋ホテルがオープン。

旧白井屋の建物を大胆にリノベーションしたヘリテージタワーと、利根川の旧河川の土手をイメージして新築したグリーンタワーの2棟から構成されている。また、敷地内・各客室には建築に呼応するように、様々なアート作品が展示されている。



白井屋ホテルは、うつくしい音楽や思い出に残るイベントで、心穏やかに新たな年を迎えられるプランを用意。恒例のニューイヤー駅伝観戦も含め、さまざまなイベントと共にシェフこだわりの食事をメインダイニングとオールデイダイニング両方で楽しめる盛り沢山の内容だ。

(C)Shinya Kigure

(C)Shinya Kigure

■音楽に囲まれた年越し宿泊プラン

12月31日は、眞田彩のヴァイオリンと、伊藤正のピアノが奏でる音楽を聴きながら、厳かな年越し。3ステージを予定しており、最後のステージはカウントダウンを含む。カウントダウンでは年越しそばを提供し、真夜中12時にはシャンパンを楽しみながら新年を祝うことができる。

ヴァイオリニストの眞田彩は、英国王立音楽院ヴァイオリン科を首席で卒業し、国内外でヴァイオリン演奏を展開し、地域活性化へのプロジェクトにも取り組んでいる。群馬出身のピアニスト伊藤正とともに、年の締めくくりに相応しい音楽を奏でる。

(C)️堀 克樹



年が明けて元日は、「新年振る舞い酒」から始まり、「上毛かるた体験」「餅つき大会」「新年おみくじ」、ホテルの目の前をゴール直前の選手が走り抜ける「ニューイヤー駅伝観戦」とにぎやか。

津軽三味線奏者、小山慶一・小山慶宗の兄弟による合奏の演奏会も2ステージを予定している。



2泊4食付きのこのプランの夕食は2タイプ、「初日にメインダイニング、2日目ラウンジ」もしくは「初日にラウンジ、2日目にメインダイニング」のいずれかとなる。

(C)Shinya Kigure

(C)Shinya Kigure

チェックアウト時には、「前橋八幡宮」の御神矢(ごしんや)プレゼントも。心ときめく音色と美食を満喫しながら新年を迎えて欲しい。

(C)Shinya Kigure

白井屋ホテル  年末年始2泊3日限定宿泊プラン

宿泊期間:2泊3日 2021年12月31日(金)~2022年1月2日(日)
料金:(1室1名)160,560円~(1室2名)272,720円~
公式サイト:https://www.shiroiya.com/stay

※価格は税・サ込

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ