【思わぬ結果】V6『学校へ行こう!2021』女子高生が告白でトレンド

10月26日(火)に放送されたTBS系バラエティー『学校へ行こう!2021』(19時)に解散を目前としたV6が出演。
番組では、名物コーナーの「B-RAPハイスクール」や「未成年者の主張」などが復活しました。また、名物キャラだった「パークマンサー」や「デーモン夕暮」などが多数登場し、V6も懐かしみます。

番組途中では、女子高生が同じクラスの好きな男子に振られるのを覚悟で告白。ところが見事に成功して、V6も大喜び。盛り上がった視聴者により、Twitterで「告白成功」がトレンド入りしました。

そして、レギュラー放送当時『校長先生』として出演していた、みのもんたのサプライズ登場に、思わず紗栄子などスタジオメンバーも涙。ネットでは、当時放送を見ていた人々を中心に大盛り上がりで、番組視聴率も平均世帯視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ)を記録しました。その様子をご紹介します!

「告白」思わぬ結果にトレンド入り

V6出演の『学校へ行こう!2021』の「聞いてよV6」のコーナー。全国の学校に設置したカメラの前で、メンバーへ伝えたいことを話したり、特技を披露する学生たち。井ノ原の遠い親戚だと、あいさつする女子やプロ顔負けの手品を披露する男子などを、メンバーが見守ります。時には、フットサル部なのにリフティングが3回しかできないと訴える男子に、サッカー経験者の森田剛が始動に出向いたりもしました。

中でも、盛り上がったのは、同じクラスの好きな男子にカメラの前で、ぶっつけ本番で告白をするという女子学生の場面。振られるとわかっているのに、”なぜ告白するのか”について、彼女いわく「この青春は、一度しか体験できない」からとのこと。ところが、いざ告白すると、意外にも答えは「いいですよ」

一瞬、何が起こったのか把握できず、うろたえる女子高生。その後、受け入れたと理解し、見守った友人たちと大喜びします。振られるのを覚悟で見守ったメンバーも大興奮!そして視聴者も、告白の成功に驚いたようで、その時間に「告白成功」のワードがトレンド入りするほどでした。

V6が『未成年者の主張2021』で、みのもんたの登場に驚き

さらに番組は進み、学生と一緒に学校内の謎解きをします。無事、謎を解いたメンバーは、椅子を並べて作られた「オク上」の文字を発見。そこで、校舎の屋上へ上がったメンバーを待っていたのは、名物コーナー「未成年の主張」のお立ち台セットと、グランドから見上げている全校生徒たちでした。果たして、メンバー立ち合いのもと、学生たちが、さまざまな主張をします。時には、勇気を出して好きな子に告白をした女子生徒に感動して、井ノ原も思わず泣いてしまいました。

そして、コーナー終了かと思われた時、背後から「お~い、V6~」の声が。振り返ったメンバーが見たのは、みのもんたでした!みのもんたは、24年前の番組開始以来、校長先生として番組を仕切ったレギュラーです。その、みのもんたの、まさかの登場に、驚きよろこぶメンバー。

お立ち台セットにメンバーと上がった、みのは「℣6のみなさん、26年間、本当にお疲れさまでした」と告げます。そして「一言、言いたくて来ました」と言ったあとに叫んだ主張は「ありがとー」でした。メンバーを代表して井ノ原が「本当に、みのさんがいてくれて、今の俺たちがいると思っています。こちらこそ、本当にありがとうございました」と伝えたのでした。その様子に、思わず涙するスタジオの女性レギュラー陣でした。

番組の最後は、V6メンバー1人ずつが感謝の言葉を述べます。最後にリーダーの坂本昌行が、番組終了で会えなくなる学生たちへ「僕たちは、ずっと応援しています」との言葉を残し、番組が終了しました。

一時代を築いた『学校へ行こう!』の最後とあり、平均世帯視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ)と高視聴率となったようです。

※トップ画像は『学校へ行こう!2021』公式サイトのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ