「結婚する気はない」独身主義を公言する男女の本音とは?

yummy!


「結婚する気はない」独身主義を公言する男女の本音とは?

「結婚する気はない」という人は、現代では珍しくありません。
なぜ彼らは、独身主義を公言するのでしょうか? 今回は「結婚しない」という言葉の裏に潜む本音をリサーチしました。

目次

独身主義を公言する男女の本音ケース1 もっといい人が現れる気がする


裕二(仮名・35歳)は、上昇志向の強い商社マンです。付き合って3年になる彼女がいますが、彼女には「結婚するつもりはない」と自分が独身主義であることを公言していると言います。
「実際、俺がいま結婚するメリットって何もない。週一で彼女とデートするくらいがちょうどいい」と言いますが、実際には、一生独身でいるつもりはないと言います。
「45歳くらいで結婚したい。今の彼女は好きだけど、結婚するのは彼女じゃないと思う。だから、彼女には結婚する気はないって言っている」
最近、来年で30歳になる彼女から、「20代のうちに結婚したい」というプレッシャーをかけられ、鬱陶しく感じているという裕二。
「俺は付き合うときから、結婚するつもりはないって言ってるのに、勝手に期待されても困る」と言います。
裕二の「独身主義」は、単に彼女とは結婚する意思はない、というだけのようです。

独身主義を公言する男女の本音ケース2 母親みたいになりたくない


凛子(仮名・27歳)は、保健師として働く、ほんわかした雰囲気の女性です。一見、家庭的な女性の典型ように見えますが、本人は「死んでも結婚したくない」と言います。
原因は、凛子の育った家庭にありました。
「お母さんが損をしているようにしか見えなかった。共働きなのに、家事はほとんどお母さん。不幸な家庭だったとは思わないけど、母親みたいにはなりたくない」
家事を分担できる夫ではどうか、と尋ねると、「自分の家事は自分できるし、わざわざ結婚する必要はない」と語ります。
「子供が欲しいと思ったこともないから、結婚する必要がない。結婚は私にとって自由がなくなるイメージしかない」
凛子にとって、家庭よりも、自立して自由であることの方が魅力的に感じるようです。

独身主義を公言する男女の本音ケース3 俺にはルンバがある


正(仮名・29歳)は、高校の臨時教師として働いています。
「結婚したいと思ったことはない。そもそも僕の給料だと結婚したいと言ってくる女性もいないかもしれない。家のことをしてほしいとも思わない。掃除はルンバがしてくれるし、食洗機もあるし。子供? 育てるお金がないから、考えないようにしてる」。
正の場合、「結婚するなら男が稼がないと」という意識が強く、そういった役割を重荷に感じるが故に、結婚に魅力を感じていないようです。

結婚したくない、という理由は三者三様


今回は、3人の独身主義を公言する男女のインタビューをお届けしました。一口に独身主義といっても、その背景にはさまざまな理由が隠れていることをお分かりいただけたかと思います。
(今来 今/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ