【インタビュー】あのアイドルもカバーした! “モテ歌職人”ポール・キムを紐解く3つのキーワードとは?

ウレぴあ総研

ポール・キム
韓国音源チャートの上位常連で、2018年には地上波音楽番組『SBS人気歌謡』で、IZ*ONE、EXOという大人気アイドルを破り1位の座を獲得しているポール・キム。韓国では、多くの男性アイドルたちが彼の曲をカバーし、20代男性がこぞってカラオケで彼の曲を歌う「モテ歌職人」ともいえるバラード歌手、シンガーソングライターだ。実は、日本語ペラペラ。日本の大学に留学中に「歌手になりたい!」と一念発起し、中退して帰国。アルバイト生活を送りながら歌手を目指して大成した。本人に挙げてもらった「ポール・キムを紐解く3つのキーワード」から、その人間像に迫る。

■◆キーワード1:ドラマOST

――ポール・キムさんの最初のヒット曲は、ドラマ『先にキスからしましょうか?(原題)~ロマンスは必然に~』のOST(オリジナルサウンドトラック)曲『Every Day, Every Moment(모든 날, 모든 순간)』(2018年)ですよね。

「そうですね。ドラマ『先にキスからしましょうか?…』は、アラフィフ男女のラブストーリーなので、依頼をいただいた時、“何で同世代のアーティストではなく、だいぶ年下の僕に?”と、意外に思ったんです。でも、“そういう意外性を期待しての依頼なのかな?”と汲み取り、引き受けることにしました。そのおかげで、ポール・キムという名前を僕の両親の友だちも知ってくれるようになりました(笑)」

――『Every Day, Every Moment』はロングヒットとなり、「韓国版ビルボード」ともいわれる「ガオンチャート」初の2年連続年間TOP 10(2018年、2019年)入りを記録。また、X1を生んだ大人気オーディション番組『PRODUCE X 101』では、ボーカルポジション評価の課題曲にも選ばれました。EXOのチェン、NCT 127のドヨンはじめ多くのアイドルがカバーし、「歌うまさんが歌う曲」、「この曲を歌えばモテる!」という曲の代表格に。この曲は難しい?

「曲自体は、難しい曲ではないと思いますよ。僕がこの曲を歌う時は、曲の中の感情を伝えるということに集中して歌っています」

――『Every Day, Every Moment』だけでなく、BTSのVが『緑色(초록빛)』、EXOのベクヒョンが『雨(비)』を歌うなど、歌うまアイドルたちがこぞってポールさんのカバーをしていますが、それらを聴いて、歌手としての新たな発見や刺激を受けることなどはあるのでしょうか。

「ありますね。彼らが歌った曲を聴くと、“僕もこうしたら良かったな”とか“こういう表現もいいな、次に試してみよう”と思うこともあります。いい勉強になります」

――アイドルだけでなく、韓国の20代男子の多くがカラオケでポール・キムさんの曲を歌いますよね。誰かが自分の曲を歌うって、どんな気持ちなのか気になります。

「最近は時世柄行けていませんが、僕は一人カラオケが好きなんです! 行くと、隣の部屋で誰かが僕の歌を歌っていることがよくあって。そんな時は、僕も同じ曲を歌います(笑)」

――本家が!

「何かありがたくて、一緒に歌いたくなっちゃう(笑)」

――20代の男性が自分の曲に共感してくれるのは、うれしいんじゃないかと思のですが。

「うれしいけれど、反面、悲しいんですよね……。僕の20代って、すごく大変だったんですよ。歌手になりたいのになれなくて、足掛かりになる事務所にも入れない。お金もないから、毎日バイトするしかなくて……。

僕はそういう自分の経験を曲にしているので、僕の曲に共感するということは、その人たちも僕と同じつらい経験をしているんじゃないかなと思っちゃう。だから、“頑張って!”という気持ちになります」

ポール・キム


■◆キーワード2:シンガーソングライター

――2018年の『Every Day, Every Moment』のヒットを受けて、2016年にリリースした自作曲『雨』がチャートを逆走。歌手としてだけでなく、シンガーソングライターとしても注目されます。「歌手になりたい!」という気持ちと、「シンガーソングライターとしてやっていきたい」という気持ちはイコールだったのですか?

「いいえ、シンガーソングライターになるつもりはなかったんです。ただ歌うのが好きなだけで、歌えるだけでよかった。自分の曲でアルバムが出せるだなんて、考えてもいませんでした。だって、僕よりも良い曲を書くソングライターはいっぱいいるから。

ただ昔から、日記のように曲を作ってはいたんです。それを会社の人や周りの人に聴かせたら、『いいじゃん!』ってなって。僕はドラマチックな出来事を、曲を書くというより、パーソナルなことを書いてきた作家なので、僕の曲を聴けば、『ポール・キムはこういう人だ』というヒントがあるんじゃないかな?」

――その中でも、自分が最も現れている曲とは?

「『別離(이별)』という曲です。“別れはいつも悲しい”という内容なのですが、僕は学生時代、ニュージーランドや日本に留学していたので、家族と離れていたり、友だちと別れたりすることが多かったから……」

■◆キーワード3:日本の大学を退学しました

――日本の大学に留学しているさ中、「歌手になろう!」と思いたって帰国したそうですね。休学という方法もあったと思うのですが。

「はい、周りの人たちにも『休学して、歌手になれなかったらまた戻ればいいじゃないか』と言われました。でも、退路を絶つことが、音楽に対する誠意だと思ったんです。それに、“僕は、音楽に人生を賭けてるんだ!”という姿勢がカッコいいと思っていたんです。今思うと、ちょっと恥ずかしいけれど……(笑)」

――でも、なぜ急に大学を辞めてまで歌手になろうと思ったんですか?

「日本の大学に入って、2年に進級するタイミングで入隊したんです。2年後に除隊して復学した時には、仲が良かった同級生が4年生に。一人だけ取り残された気持ちになっちゃって……。

それで、“これから一人でどうすればいいんだろう”と思ったことを機に、“僕は何をしたら幸せになれるのか”を考えるようになったんです。そうしたら、一人でカラオケに行くくらい歌うのが好きなのに、“なぜ歌手になろうと思わなかったんだろう”と気付いた。歌うことが僕の幸せなんじゃないかって」

――子どものころから歌手になりたかったわけではないんですね。

「子どものころに『歌手になる』という選択肢はありませんでした。だって、芸能人はイケメンじゃないとなれないと思っていたから(笑)」

ポール・キム


■◆日本での学生生活

――高校時代にニュージーランドに留学していたのに、なぜ日本に留学したのですか?

「ニュージーランドには、英語を学ぶために行きました。同じ寮にラグビー留学に来ていた日本人が何人かいて。寮の先生が僕も日本人だと思ったのかな? なぜか『通訳して』と頼まれたけれど、分からないから日本語の勉強を始めたんです。でもBoAさんのファンだったので、彼女が活動している日本には関心があったので苦じゃなかった(笑)。

大学進学を考えていたころ、立命館アジア太平洋大学の存在を知ったんです。日本で暮らせるし、日本人と外国人が半々だから日本語も英語も使えるし、“これはいい!”と思いました。でも、『日本=東京』のイメージだったから、大学のある(大分県)別府は大都会とは違っていて、初めて行った時は驚きました(笑)」

――大分でも一人カラオケに行っていましたか?

「はい。レミオロメンの『粉雪』、コブクロの曲などを歌っていましたが、一番好きだったのは、中島美嘉さん。『雪の華』とか、『桜色舞うころ』をよく歌ったし、映画『NANA』も見ました。中島美嘉さんは、歌うジャンルの幅が広いし、歌声と歌の感情がすごく好きです」

――今でも日本での生活が恋しくなることはありますか?

「ありますよ! 僕の人生で一番楽しかったのは、大学1年生の時。そのとき仲良かった友だちとは、今でも連絡を取り合っていて、彼らの存在がすごく力になっています」

ポール・キム


■◆新曲『After Summer』とは

――10月7日に新作デジタルシングル『After Summer』をリリースされました。

「『After Summer』は、クルムさんという作家さんの曲で、僕は作詞に半分だけ参加しました。2月に『Love Letter(사랑하는 당신께) 』を出してから、ちょっと悩んでいたんです。このままでいいのか、新しいスタイルに挑戦するべきなのかって。

そんな時にクルムさんが見せてくれた歌詞の出だしが、『雨が降る反対側に――』だったんです。僕がシンガーソングライターとして認知された曲は『雨』。自信のなかった僕に自信をくれた『雨』と、自信を失くしている今……、歌詞を見て、『クルムさんは、僕が今、悩んでいるのを知っているのかな?』と驚きました」

――『雨』のヒットはうれしさとともに、プレッシャーでもあった?

「はい。でも、プレッシャーがないと喜びもないでしょ? 雨降りの日は、好きな人もいるけど、嫌いな人もいる。何でも表裏一体なんです。

クルムさんが書いてくれた『After Summer』と僕の性格って、実は真逆。僕はいつも歌詞に自分を反映させるから最初はどうすべきか悩んだけれど、真逆もアリだと思って、違う感情を表現することに務めました」

――冒頭で、男子アイドルたちがポールさんの曲をカバーする……というお話しをしましたが、ポールさんも今年、Red VelvetのJOYさんのソロアルバムで、韓国を代表するバラード歌手、ソン・シギョンさんの『If Only(좋을텐데)』をカバーしましたよね。

「依頼された時、僕はソン・シギョンさんが大好きだから、“無理!”って思ったんです。でも、JOYさんサイドも僕だからできる何かを期待しているんだろうなと、自分ができることを頑張ってみようと思い直して参加を決めました」

ポール・キム
――実際やられてどうでしたか?

「……大変でした(笑)。ソン・シギョンさんの感情を維持しつつ、僕らしく歌うにはどうすればいいのか……と悩みました。それに、JOYさんとミュージックビデオで顔を見合わせて歌うのが恥ずかしくて。キレイで直視できなかった(笑)。でも、楽しかったです。JOYさんにいただいたアルバムも、家にちゃんと飾ってあります」

――今はコロナの状況下で来日が難しいと思いますが、今後、日本でどういう活動をしていかれたいのでしょう。

「僕は日本で暮らした経験はあるけれど、日本で歌手として活動したことはないんです。日本のファンの皆さんの前で歌う時のために、日本語で曲を作ってみたいですね。そのためにも、日本語の勉強をまたしなくちゃ(笑)」

――まったく問題ないですよ! すぐにでも作ってください(笑)。最後に、今年も間もなく終わりますので、2022年の抱負を教えてください。

「デジタルシングルを出したばかりですが、ほかにも曲があるので、来年にはフルアルバムを出したですね。まだ、何も決まっていないのですが、夏前に出せるといいな……と勝手に思っています(笑)。待っていてくださいね」

▼ポール・キム

'14年1月、自作曲『Would You Like a Cup of Coffee?』でデビュー。'18年に参加した、キム・ソナ主演ドラマ『先にキスからしましょうか?(原題)~ロマンスは必然に~』のオリジナルサウンドトラック『Every Day , Every Moment』が主要音源チャート年間3位を記録するなど大ヒット、その後にリリースしたデジタルシングル『Me After You』も音楽番組で1位を獲得し、名実ともにトップアーティストの仲間入りを果たした。日本に留学経験もあり、日本語が堪能。

ポール・キム日本ファンクラブ:https://paulkimjpfc.com/

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ