業界でも屈指の“いい人”佐藤栞里の好感度の秘密は「立ち食い」にあった?

アサジョ


 10月22日に放送された番組「沸騰ワード10」(日本テレビ系)にタレントの佐藤栞里が出演。佐藤は実はかなりの“立ち食いマニア”。番組ではハイテンションで立ち食い料理を食べる姿が公開された。

「佐藤は週4ペースで立ち食い店を開拓するというほどの立ち食い好き。番組では、吉祥寺駅の高架下に店を構える『いぶきうどん』や池袋にある40年の老舗店『君塚』で大好きな立ち食いメニューを堪能していました」(芸能ライター)

佐藤は、2018年に出演した同番組でも、立ち食いにハマる様子を密着形式で取材されている。

「こちらの密着1日目で紹介されたのは、千葉県・新津田沼駅構内の立ち食いそば店『弥生軒』。立ち食いマニアの間では、有名な店らしく佐藤は『ここ来てみたかったんです。やっと来られた』とハイテンションで注文したから揚げそばを、わずか10分で完食しました。2日目は、行きつけだという日本テレビ近くの『おにやんま』に来店。ここでもオーダーしたメニューを7分で完食。佐藤は番組で『スポーツですね、立ち食いは』と語るひと幕もありました」(前出・芸能ライター)

佐藤は昨年、写真誌「FRIDAY」12月11日号で、文京区・本郷の立ち食いうどん店でうどんをすする姿を激写されている。記事によると、佐藤はスタッフらしき女性と来店。天ぷらうどんを美味しそうに食べる写真が掲載された。この記事を見た読者からは、ネット上で「立ち食いそば好きって本当だったんだな。裏表なくていい子そう」「ほんとかわいい。好感度しかない」などのコメントが寄せられた。

業界でも、とにかくいい人と評判の佐藤。彼女の人気に“立ち食い好き”がひと役買っていることは間違いなさそうだ。

(窪田史朗)

当記事はアサジョの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ