『やくならマグカップも 二番窯』第5話 浮かない表情の十子

2021年10月1日(金)より放送中のアニメ+実写の『やくならマグカップも 二番窯』、その第5話の先行カットとあらすじが到着。さらに、豊川刻四郎役・石川界人の陶芸体験動画第3弾が公式SNSにて解禁となった。

『やくならマグカップも』は、岐阜県南部に位置する多治見市を舞台に伝統工芸品「美濃焼」をテーマに4人の女子高校生が陶芸の魅力にのめりこんでいく青春ストーリー。
2010年に多治見市の有志や企業が集まり ”街を元気にしよう” というプロジェクトの一環から始まった。
その中で地元IT企業のプラネットが2012年より発行するフリーコミック『やくならマグカップも』が原作だ。現在33巻まで刊行され、番外編である4コマ漫画『直子の小鉢』とともに地元の方々に支えられながら連載を継続している。

『やくならマグカップも 二番窯』は、1期に引き続き、30分番組のうち前半15分は通常アニメパート。後半15分が実写パート。
実写パートは、メインキャラクター4人の声を担当する、田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈がアニメから飛び出して、本作の舞台となる岐阜県多治見市の魅力を再発見。アニメに出てくる名所や実際にあるお店を紹介する。さらに、世界に一つだけの焼き物作りにもチャレンジする『やくならマグカップも 二番窯−やくもの放課後−』の2部構成だ。

第5話は10月29日(金)25:55よりCBCテレビほかにて順次放送開始。あらすじ、先行カットはこちら!

<第5話アニメパート 「どうしたの? 十子先輩」>
織学祭に向けての準備が始まり、いつもと違う雰囲気の中、陶芸部でも展示会の準備が進んでいた。そんな中、浮かない表情を浮かべる十子の様子が気になる姫乃は……。

脚本:荒川稔久/絵コンテ:手びねり組、神谷純、前田薫平、市村仁弥/演出:前田薫平/作画監督:金田莉子

<実写パート「#5」>
浴衣姿で夕暮れ時の土岐川へ。かき氷や五平餅、屋台を楽しみながら、夏祭りの恋愛トークで大盛り上がり!

構成:間マサムネ/演出:清水優司/ディレクター:安倍裕菜

そして、豊川刻四郎役の石川界人の陶芸体験動画、第3弾が10月27日(水)18時に公式Twitterにて解禁。第3弾は最終行程の絵付けに挑戦! メインビジュアルの姫乃をお手本にカップに絵を描いていく。完成品は後日お楽しみに♪

>>>『やくならマグカップも 二番窯』第5話先行カットその他をすべて見る(写真9点)

(C)プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ