【大人のショートボブ】トレンドを押さえつつ「なりたいイメージ」を叶えるポイント

beauty news tokyo


カットや髪色、前髪、スタイリングなど、ポイントを置くところを変えるだけで、オンナらしさは当然のこと、大人っぽい雰囲気を即醸せるショートボブはお手入れやお出かけ前のセットがラクちんなのも魅力。それでは秋冬シーズン本番を迎えた今こそ、トレンドを押さえつつ「なりたいイメージ」を叶えるポイントをチェックしておきましょう。

大人可愛い“丸みシルエット”できちんと感もUP


ふんわりと丸みのあるシルエットで仕上げたショートボブはきちんと感をしっかり醸せます。ただし、頭部にボリューム感が出やすいので、こめかみ周辺を髪で隠して小顔感を演出するのがポイントです。



出典:instagram(@yuma54321)

スタイリングのコツは頭の丸みに合わせて髪を流しつつ、ほんのり空気を入れるように仕上げること。また、ツヤ感をプラスすることで大人感もグッと引き上がるので、スタイリング剤もしっかり使ってふんわり感を1日中キープするようにしましょう。

“前上がりシルエット”で程良く甘さをプラス


フェミニンで大人可愛いスタイルを作りたい方におすすめなのが“前上がりシルエット”のスタイルです。



出典:instagram(@hatori0307)

前髪も含め全体的に丸みをもたせることで、より大人可愛い印象に。スタイル作りのポイントは、あまりレイヤーを入れず、毛先が自然と内巻きになるようにすること。ただし、少々厚みが出てしまいやすいので、サイドを耳かけして重見えを回避しましょう。

クールビューティーな色気を演出するなら“前髪なし”で


クールでオンナらしい印象をグッと引き立てるなら、“前髪なし”のスタイルがおすすめ。サイドの髪のボリューム感の調整が似合わせ&旬顔に仕上げるポイントです。



出典:bangs

ルーズに下ろした前髪でセクシーさを演出しつつフェイスラインをさり気なくカバー。パートをサイドに寄せて顔の片側に自然な影を演出することで自然と色気も引き上がります。なお、パートを取るときは分け目をぼかすように仕上げるのもポイント。それだけで大人っぽさの中にもどこか甘いテイストを残せ、よりこなれた雰囲気を醸せます。

アレンジ幅が狭いと思われがちなショートボブですが、シルエットや前髪の一工夫だけで新鮮な印象作りができます。ぜひ今シーズンのおしゃれアップデートの参考にしてみてくださいね。<top image出典:bangs

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ