廃棄ビニール傘をアップサイクルする「PLASTICITY」、東京国際映画祭とのコラボレーションアイテムを発売

NeoL



捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用するブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」は、10月30日(土)より開催される第34回東京国際映画祭とコラボレーションした『TIFF×PLASTICITYオリジナル マルチショルダーケース』を数量限定で発売。こちらは映画祭各上映劇場(有楽町よみうりホール除く)のほか、有楽町駅前映画祭特設ブースでの限定販売となる。



PLASTICITY公式ホームページ:https://plasticity.co.jp/

【製品詳細】今回コラボレーションアイテムとして発売する『TIFF×PLASTICITYオリジナル マルチショルダーケース』はPLASTICITYの人気アイテム「マルチショルダーケース」の別注モデルとして特別なカラーリングを施した東京国際映画祭限定のアイテム。本体はビニール傘で作られた独自の素材を全面に使用。ビニール素材の特性から防水性はもちろんメンテナンスにも優れており、スマホやちょっとした小物を持ち運ぶショルダーバッグとして使ウコとができる。PLASTICITYのアイコンである傘マークのタグは映画祭オリジナルタグとしてフィルム風に仕上げられ、正面には東京国際映画祭とPALSTICITYのゴールドの箔押し、細部のパーツにはベージュとゴールドを基調としたオリジナルのデザインとなっている。









マルチショルダーケース価格:オープン価格サイズ:H180mm X W110mm X D25mm販売場所:映画祭各上映劇場(有楽町よみうりホール除く)、有楽町駅前映画祭特設ブース

■第34回東京国際映画祭 開催概要主催:公益財団法人ユニジャパン期間:2021年10月30日(土)~11月8日(月)開催会場 :シネスイッチ銀座(中央区)、角川シネマ有楽町、TOHOシネマズ シャンテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、有楽町よみうりホール、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場、東京国際フォーラム、TOHOシネマズ 日比谷(千代田区)ほか、都内の各劇場及び施設・ホールを使用







当記事はNeoLの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ