富山市ガラス美術館で企画展「未来へのかたち」開催 富山ガラス造形研究所創立30周年記念

OVO



富山市ガラス美術館は、10月23日から2022年1月23日まで、企画展「富山ガラス造形研究所創立30周年記念展:未来へのかたち」を開催している。

同美術館によると、富山市立「富山ガラス造形研究所」は、全国で初めての公立ガラス造形教育機関として1991年に開校。造形科・研究科の学生から多くのガラス造形作家が誕生した。今回の企画展は、創立30周年を記念し、歴代教授陣や卒業生による最新作や代表作が一堂に会する展覧会だという。

富山市は、作家育成の拠点として「富山ガラス造形研究所」、ガラスの地場産業化を掲げる「富山ガラス工房」、作品鑑賞の場として「富山市ガラス美術館」があり、ガラスの街をアピールしている。

「未来へのかたち」開催概要は以下の通り。期間中、関連プログラムも実施する。

■会期:10月23日(土)~2022年1月23日(日)
■会場:富山市ガラス美術館2、3階 展示室1-3、5階 ギャラリー1
■開場時間:午前9時30分~午後6時(金・土は午後8時まで)
■閉場日:第1、第3水曜日、12月29日(水)~2021年1月1日(土・祝)
     ※11月3日(水・祝)は開場、11月10日(水)は閉場
■観覧料:一般1000円、大学生800円、高校生以下は無料

【関連プログラム】
 ◆美術館×研究所×工房 ガラス3機関連携プログラム
(1)アーティスト・トーク
[日 時] 11月6日(土) 午後1時15分~午後2時15分
[講 師] 塚田美登里(本展出品作家)
[会 場] 富山市ガラス美術館 2階ロビー、※事前申込不要、参加無料
(2)吹きガラスデモンストレーション(公開制作)
[日 時] 11月6日(土) 午後3時~午後4時30分
[作 家] 岸本耕平(本展出品作家)
[会 場] 富山ガラス工房 第2工房(配信も予定)
[定 員] 50人(要事前申込、応募者多数の場合は抽選) 参加無料
[共 催] 一般財団法人 富山市ガラス工芸センター(配信も予定)
 その他の関連プログラムなど詳細はウェブサイト参照。

当記事はOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ