突っ張り棒で押入れの収納力アップ。空間を有効活用したアイデア実例15選

folk

突っ張り棒で叶う押入れ空間の有効活用法


広い収納スペースで、布団やオフシーズンの家電なども収納できる押入れですが、広いからこそスペースをうまく活用できない方が多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、突っ張り棒を使って押入れの空間を有効活用する方法です。そこで今回は、突っ張り棒を使って押入れの空間を有効活用できるアイデアを実例と共にご紹介します。

収納力がアップする突っ張り棒の使い方|上段

突っ張り棒で押入れの手前に洋服を掛けるアイデア


突っ張り棒で押入れの手前に洋服を掛けるアイデア

instagram(@penta_room)

押入れ上段の手前側にある空きスペースを有効活用するため、突っ張り棒で洋服を掛けられるようにしたアイデアです。

奥にある収納ケースと洋服が重ならないよう、収納ケースは小さめのものを選ぶと良いでしょう。

突っ張り棒に洋服を掛け過ぎると奥の収納ケースの中身が取り出しにくいので、洋服は半分くらいのスペースに掛けるのがおすすめ。

押入れをクローゼットのように使うアイデア


押入れをクローゼットのように使うアイデア

instagram(@kozue._.pic)

突っ張り棒を押入れの上部に付け丈の長い洋服も掛けられるようにすると、押入れをクローゼットのように使うことができます。

T字の突っ張り棒を使うと洋服をたくさん掛けても突っ張り棒がたわんだりズレたりしないのでおすすめです。

洋服の下に空きスペースができるなら、そこにもケースを置いて収納スペースとして使えるのが嬉しいですね。

押入れの壁とカラボの隙間を活用するアイデア


押入れの壁とカラボの隙間を活用するアイデア

instagram(@megumi7965)

押入れの上段にカラーボックスを設置している方は壁とカラーボックスの間に突っ張り棒を渡すと、短めの突っ張り棒でも洋服を掛けるスペースを作ることができます。

押入れのふすまを外して使っている方は、カラーボックスの目隠しとして、突っ張り棒で仕切りカーテンを付けるのもおすすめ!

押入れの空間を無駄なく使うことができます。

壁際のスペースを活用できるアイデア


壁際のスペースを活用できるアイデア

instagram(@penta_room)

押入れの壁際に、壁に沿って突っ張り棒を渡しています。

一見何も収納できなさそうな細いスペースですが、取り付けた突っ張り棒とS字フックを使うとベルトなどの細長いを収納できます。

ネクタイやストールなどの収納にもおすすめ。押入れ奥の収納ボックスに入っているものを出し入れするときにも邪魔にならないアイデアです。

カラーボックスの中で突っ張り棒を使うアイデア


カラーボックスの中で突っ張り棒を使うアイデア

instagram(@megumi7965)

押入れの上段に置いたカラーボックスは単体で使っても十分にスペースを活用できますが、突っ張り棒を組み合わせると丈の短い洋服や子供服などを掛けることができます。

カラボ全般で使える収納アイデアですが、押入れの中で使い空間を区切ることで無駄なスペースを作らず収納力がアップします。

カラボの中なら、突っ張り棒の設置も簡単でおすすめ!

収納力がアップする突っ張り棒の使い方|下段

中段板の下の隙間に突っ張り棒を渡すアイデア


中段板の下の隙間に突っ張り棒を渡すアイデア

instagram(@ume._.home)

押入れの中段板の下にある隙間に突っ張り棒を付けると、突っ張り棒の落下防止になるだけでなく、押入れの下段の空きスペースを有効活用できます。

こちらは帽子やカバンなどをS字フックを使って吊り下げ収納しているアイデアです。

あまり使用頻度が高くないアイテムやシーズンオフアイテムなどの収納におすすめ!

ワイヤーラックの間を使うアイデア


ワイヤーラックの間を使うアイデア

instagram(@elie.snowdiva)

押入れの下段に置いているワイヤーラックの上に突っ張り棒を渡し、子供服を掛けられるように工夫しています。

下段なら子供がちょうど手に取りやすい位置になるので、隣のワイヤーラックにも子供服や小物を収納して子供用クローゼットとして使うのがおすすめです。

小さなお子さんの身支度スペースに便利ですよ。

フックを付けて小物を収納するアイデア


フックを付けて小物を収納するアイデア

instagram(@_____mai.3)

突っ張り棒にフック付きのかごを引っ掛けると、ハンカチなども収納できるようになるのでおすすめ。

収納ボックスなどを置いていて洋服を掛けられるスペースが取れない場合は、このようにカゴを使った小物収納スペースとして活用しましょう。

子供服と一緒に収納しておけば、お子さんが学校や幼稚園へ行く前の身支度スペースとして使えますね。

突っ張り棒で棚を作るアイデア


突っ張り棒で棚を作るアイデア

https://diyrepi.com/

押入れの中段板のすぐ下に2本の突っ張り棒を渡して、押入れの下段に棚を作るおすすめアイデアです。

入れるカゴのサイズに合わせて突っ張り棒の位置を変えるだけで、棚の高さを簡単に変えられるのが嬉しいですね。

棚には下着や靴下などの衣類を入れておけば、押入れをクローゼットとして使えますよ。

突っ張り棒で目隠しカーテンを付けるアイデア


突っ張り棒で目隠しカーテン

instagram(@pattchi0925)

こちらは押入れではない収納スペースですが、押入れ収納にも応用できます。押入れのふすまを外すと間口が広くなり収納しやすくなり、圧迫感も少なくなります。

しかし収納しているアイテムが丸見えになってしまいますので、突っ張り棒を使ってカーテンを付けるのがおすすめ。

押入れをクローゼットにリメイクしたい方は、試してみては?

収納力がアップする突っ張り棒の使い方|その他アイデア

引出しケースの使い方が広がるアイデア


引出しケースの使い方が広がるアイデア

instagram(@ya2yo8i)

押入れで引き出しケースを使っている方は、こちらのアイデアがおすすめです。引き出しの中に突っ張り棒を渡して、掛ける収納が出来るようにしています。

こちらではレジ袋を収納していますが、押入れに入れた引き出しケースならストールやネクタイなどのほこりを避けながら、引き出しの中なのに掛ける収納が出来ますよ。

ワイヤーネットとの組み合わせが便利なアイデア


ワイヤーネットとの組み合わせ

instagram(@interior_ami)

ワイヤーネットが付いた突っ張りパーテーションは、押入れの壁ぎわにできた隙間の有効活用になるのでおすすめです。

こちらは見せる収納に使っていますが、押入れの中ならバッグだけでなくネクタイやベルトなどの収納にも便利。

S字フックを使うと腕時計やネックレスなどの小物も押入れに収納できます。

市販品だけでなく、ワイヤーネットと突っ張り棒でDIYすることも可能な便利アイテムですね。

衣類以外の使用頻度が高いアイテムの収納アイデア


衣類以外の使用頻度が高いアイテムの収納アイデア

instagram(@penta_room)

押入れの隣で部屋干しスペースがあるお宅では、部屋干し用の物干し竿を使わないときに、物干し竿を吊り下げているロープをまとめて押入れに収納しています。

そのままロープを結んで置いておくよりも、S字フックを使って突っ張り棒に引っ掛けておくとスッキリ見えるのでおすすめです。

押入れに衣類以外のものを収納するときにも便利ですよ。

突っ張り棒をコの字に組み合わせたアイデア


突っ張り棒をコの字に組み合わせたアイデア

https://www.bellemaison.jp/

コの字に突っ張り棒を組み合わせられるフック付きの突っ張り棒なら、厚手のショート丈コートなどの重さのあるアウターを含む洋服をたっぷりかけても、突っ張り棒が曲がったりズレたりすることなく使えます。

縦方向もしっかりと突っ張り棒を固定できるので、押入れをクローゼットとして使いたい方におすすめですよ。

突っ張り棒を吊るしたアイデア


突っ張り棒を吊るしたアイデア

instagram(@___k___319)

こちらはクローゼットですが、押入れにも活用できるおすすめアイデアです。

洋服を掛けるための突っ張り棒にロープなどでもう1本突っ張り棒を吊るすことで、ブランコハンガーの完成です!

丈の短い洋服や子供服を掛けると、その下に空きスペースができることがありますよね。そんなときにはもう1本突っ張り棒を吊り下げると収納力アップ!

突っ張り棒で押入れの空間を有効活用まとめ


押入れで突っ張り棒を使ったおすすめ収納アイデアをご紹介しましたが、いかがでしたか?突っ張り棒は押入れの壁を傷つけることなく洋服や子供服、小物を収納するスペースを作れるため、賃貸のお宅でも簡単に原状回復ができる便利なアイデアです。

押入れをクローゼットのように使いたいや、押入れのデッドスペースを無くしたい方は、ぜひ突っ張り棒を活用してみてくださいね。

当記事はfolkの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ