究極のもっち~り!北海道小麦の生パスタ専門店『麦と卵』新宿西口店オープン

IGNITE


シンプルな素材だからこそ、合わせる食材で可能性が無限大のパスタ。今回は北海道食材をふんだんに使用して提供しているパスタチェーンを紹介しよう。



東京・新宿駅西口に、北海道小麦の生パスタ専門店「下川六〇酵素卵と北海道小麦の生パスタ専門店 麦と卵」6店舗目が10月26日(火)にオープンする。

■「美味しさ」と「北海道」へのこだわり

食べた瞬間に感じる「ツルッ!」「モチッ!」とした新食感は、下川六〇酵素卵と北海道小麦のオリジナルブレンドをW真空製法で店内製麺することで実現。店内で毎日製麺することで鮮度にもこだわった生パスタは、北海道のブランド卵「下川六〇酵素卵」と、北海道小麦とデュラム小麦でつくられ、風味豊かに仕上がっている。

創業50年の北海道函館・道場(ミチバ)水産のたらこや、栄養価の高い函館がごめ昆布、北海道の生乳を使ったフレッシュモッツァレラチーズなど、具材にも「北海道」にとことんこだわっている。

■5種類の昆布を使用したこだわりの出汁



さらに麦と卵では、『出汁』にもこだわっている。日本食でいう出汁がイタリア料理ではブロードにあたり、パスタの基本ベースを作り上げる味の決め手に。

鶏ガラをベースに北海道の昆布5種類(羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布、真昆布、がごめ昆布)と鰹節や椎茸を使い、奥深い味のブロードを使用して生パスタを仕上げるため、優しい味に仕上がっている。



メニューには、人気No.1の『究極のぺぺたま!グリルチキンと「下川六〇酵素卵」がのったオイルソース』や『ふわふわチーズがたっぷり!北海道カルボナーラ』をはじめ、農家のベーコンや美瑛産”甘~い”とうもろこしを素材として使用した多彩なパスタが並ぶ。全パスタメニューにおいて大盛り無料なのも嬉しい。

現在「麦と卵」は、吉祥寺店、渋谷宮益坂店、笹塚店、三鷹店、川崎アゼリア店で展開中。

北海道産小麦と食材が一皿に織りなす味わいを楽しんで欲しい。

下川六〇酵素卵と北海道小麦の生パスタ 麦と卵 新宿西口店
住所:東京都新宿区西新宿1-19-2 シルバービルB1F
Googleマップ:https://goo.gl/maps/3v5n2P6AtwiiHzhv5

(hachi)

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ