別れの原因になるだけ。別れが早いカップル間が決めるルール

ハウコレ



カップルになるとお互いを特別な存在だと感じて「カップルだからこそできること」に意識が向くことが多いと思います。

特別な関係だからできること。ふたりだけのルール。これが愛情を示すもの。

このような感覚でふたりで決めたものには、実は注意が必要です。

カップルに成り立てで気持ちが盛り上がっているときには嬉しかったルールも、時間が経つにつれてだんだんと息苦しくなってしまうものがあるのです。

今回はそのようなルールについてまとめたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■毎日連絡を取る
「毎日LINEしようね」「会えないときは電話で話そうね」

こんな約束をしていませんか?

毎日連絡を取る、会えないときにはいつも電話をするというルールはやめたほうがいいでしょう。

「毎日」「いつも」というキーワードは、だんだんとお互いに負担になってきます。

仕事やプライベートなことで、どうしても思うように時間が取れなくなることは出てくるものです。ルールを守れないことで、ケンカの原因になる可能性が高まってしまいますよ。

■予定を伝える
会えない日に何をしているのかなど、細かく予定を伝え合うことはやめるべきルールでしょう。

カップルが長続きするためには「それぞれのプライベートな時間も大切にすること」が必要です。

自分の予定を教えることで、だんだんとお互いを監視するような関係になってしまうかもしれません。そのようにならないために、お互いの予定は適度に伝え合うように意識してくださいね。

■交友関係を把握
好きな人の交友関係を知りたいと思うことは多いと思います。

それ自体はあまり問題ではありません。

しかし、友人についていろいろと詮索したり、必要以上に付き合い方などに意見を言ったりしないように気をつけてください。

カップルとはいえ、交友関係に細かく口を出すことで「そこまで言われたくない」と感じるようになるのです。

そこからケンカや不仲に発展する可能性があるので、交友関係を知ることは相手が話してくれることをメインにして話題にする程度がいいでしょう。

■スマホを見せ合う
お互い浮気の心配がなくなるからという理由で、スマホを見せ合うルールにする場合があります。

しかし、スマホはとてもプライベートな持ち物です。

浮気ではなくても、仕事や友人関係での大切な情報もスマホを見ると知られる可能性があります。

そのため、だんだんとスマホを見せるのに抵抗を感じるようになることがほとんどです。

浮気を疑うことで、信頼関係を築けなくなる場合もあります。

本当に怪しいと感じたときにスマホを見せてもらう場合があるかもしれませんが、日常的にスマホを見せ合うのはやめましょう。

いかがでしたか?

ふたりで決めるルールでも、お互いが幸せを感じて長く付き合っていけるためのルールかどうか、よく考えて決めたいですね。

その判断によって、今後のふたりの関係性がなんとなく見えてくるでしょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ