『恋です!』に癒される人続出、杉咲花&杉野遥亮 幸せなハグまでの秀逸な展開

dwango.jp news


注目作が目白押しの秋ドラマの中で、「キュンと癒しが止まらない」「優しい気持ちになれる」と、毎週視聴者の心をあったかくしているのが、ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系、毎週水曜よる10時)。原作は、WEB連載での閲覧数累計2,000万PVを突破した『ヤンキー君と白杖ガール』(うおやま/KADOKAWA)。先週放送された第3話でもTwitterトレンド1位を獲得するなど、原作ファン、キャストファンだけでなく、多くのドラマファンの心を掴んでいるようだ。

光と色がぼんやり分かる程度の弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲花)は、恋に臆病な勝ち気な女の子。そんなユキコに恋をしたのが、顔に傷のあるヤンキー・黒川森生(杉野遥亮)。第3話では終盤、森生がユキコを優しくハグするシーンが大反響となったが、そこに至るまでの流れはとても秀逸だと感じた。第4話を前に、第3話を少し振り返りながらこのドラマの魅力を探ってみたい。

ドラマ初回から「可愛すぎる」と話題の森生(杉野)は、ひたすらまっすぐでピュア。ユキコ全肯定の健気さを見せる。点字ブロックを歩くユキコの目の前に張り出していた木の枝を見て慌てて走ってきて、勢い余ってユキコの額に一撃を食らわせてしまう。「ぶつかって痛ぇ思いしないようにって頭の中それしかなくて」と言って、もうじゅうぶん身長は高いのに、必死に背伸びをして枝を持ち上げ、ユキコを枝から守ろうとする。

ユキコの方は、「結構痛かったけど」と憎まれ口を叩きながらも、「ウソウソ、ありがとう」と、ちゃんと気持ちを受け取る。森生だけでなく、森生の気持ちを受け取りちゃんと言葉で返すユキコもまた、素直で愛らしい。ラブコメというだけあって、森生とユキコのシーンはコミカルなシーンが多いが、お互いを思いやる気持ちで溢れている。森生の気持ちが溢れすぎて往々にして面白いことになる。



この木の枝のシーンは、二人の性格と関係性、このドラマの空気が端的に表れていると思うが、同時に第3話の導入としての役割を果たしているように見えた。

第3話の冒頭、ユキコと姉のイズミ(奈緒)が姉妹げんか。その際、イズミは「ダメだよ、ヤンキーなんて。ユキコの相手は“ユキコを守ってくれるちゃんとした相手”じゃなきゃ」と言い放つ。イズミは森生のことを認めていない。木の枝のシーンで、背の高い森生がユキコを守ろうとしている。そして、“身長差で声が届かない”という二人の会話へと自然に入っていく。ここから、森生が自分の声がユキコに届くようにとプレゼントした“赤いハイヒール”を中心に第3話が展開していく。何気ないシーンも滑らかに楽しく繋がっていく。丁寧にテンポよく進んでいくのが心地よい。

「私もあと10cmくらい背高かったら黒川の声も届くだろうし、いろんな洋服も似合うんだろうなぁ。」

そんなユキコの願いに森生は、背を縮める方法をスマホで検索するという森生的天然行動を経由しつつ、ユキコに赤いハイヒールをプレゼントしようとする。しかし直後、「ユキコさんあんなヒール高ぇ靴危ねぇだろうが!」と自責の念に駆られる。それでもユキコは嬉しかった。「バカみたいに単純で1つのことしか見えなくなる」ところは森生のいいところでもあるのだ。

一方、姉のイズミにとって10cmのハイヒールを弱視のユキコに履かせようとするなんて言語道断。大丈夫というユキコに「あんたは人とは違うんだから!」と重い一言。ユキコはイズミのやることを「おせっかいなこと」と言い、「誰よりも私のこと腫れもの扱いしてんのお姉ちゃんだよ!」と反論する。

ユキコの苦しみにもドラマの重苦しい空気にも、予想外の方法で風穴を開けていくのが森生だ。獅子王が“てーんちょ(店長)”のレンタルビデオ屋で、エアユキコさんと妄想デート。獅子王と森生の愛すべきヤンキー二人が、お年寄りや体が不自由な人にも優しい店づくりについて、そして「明日は我が身」決して他人事ではないという意義深い会話を交わす。

森生はセルフレジでお年寄りを手伝い“おせっかい”を感謝されたこと、必要とされ就職が決まったことをユキコに報告。

するとユキコはイズミに、赤いハイヒールに似合う洋服を1人で買うのを見守ってほしいと頼む。1人で店に入り、キラキラ嬉しそうに試着する姿を見て、優しい笑みを浮かべながら涙が溢れるイズミの姿。“おせっかい”はユキコを大事に想うがゆえ。“ユキコファースト”で「いいお姉ちゃん」をやってきたイズミ。ユキコにもイズミにも共感してしまう。ユキコもその“おせっかい”に感謝を伝えた。その上で、「これから1人でどんどんチャレンジして行きたい」と自立の言葉を口にする。「やっと思えるようになったんだよね。普通に幸せに生きていきたいな~って」。“おせっかいに感謝”という森生の言葉をきっかけに、姉妹の関係、引いてはユキコの「普通」に対する気持ちも好転していく。ちなみに姉妹喧嘩のシーンもそうだが、杉咲花と奈緒のリアルな芝居は圧巻だ!

そうして辿り着いた二人のハグシーン。イズミに遠くで見守られながら、自分で買った服を着て赤いハイヒールを履いたユキコが森生のもとへ。点字ブロックを外れた世界に一歩踏み出していく。ヒールが道路のくぼみに引っかかり転びそうになったところを森生が抱き留める。“ユキコを守ってくれるちゃんとした相手”とイズミも認めたであろう森生の声が、ヒールで10cm背が高くなったユキコに届く。森生にとっても、「自分みてぇなヤンキーが定職につくとかぜってぇ無理」と決めつけていたところから、ユキコとの出会いによって世界が開け、就活の苦労を経て働き始めることができた。イズミの目には涙。第3話の出来事が結実した着地点であり、ドラマの根幹にある2人の生き方に対する気持ちも一歩前に進んでいることが分かるシーン。ただのキュンキュンだけではない、あったかい気持ちが広がる。ますます二人を、いやお姉ちゃんも含め、応援したくなった。

笑いながらポンポンとシーンが切り替わっているようで、スムーズな流れでつながっていく。

視聴者は笑ったり、共感したり、学んだりしながら、自然と感情移入し、気付けばじんわりと温かい気持ちになっていくのだろう。物語はまだ3話。その3話ラストまさかのシーンに悲鳴が上がったが、第4話はどんな展開を見せてくれるのかやっぱり楽しみで仕方ない。

<第4話(10月27日放送)あらすじ>

ユキコ(杉咲花)がいる前で、突然ハチ子(生見愛瑠)からキスされた森生(杉野遥亮)。状況が飲み込めない森生は、ユキコに誤解されたのではないかと焦るが、キスが見えていたか確認することも出来ず、上の空で時を過ごす。

一方、レンタルビデオ店で働き始めた森生に触発されたユキコは、自分もアルバイトをしようと、イズミ(奈緒)監修のもと、面接の練習に励む。森生と付き合うために、自分も対等な立場になりたいと思うユキコを、誠二(岸谷五朗)も温かく見守るが……。

勇気を出して受けたアルバイトの面接。ユキコは視覚障害者である自分を雇ってもらう『メリット』をアピールできずに失敗してしまう。そんな中、盲学校の教師から、障害があるからこそ、自分の好きなこと、やりたい仕事に対する「これがやりたい」というパワーが必要だ、と言われたユキコは、自分の大好きなバーガーショップでアルバイトを募集していることを思い出す。障害のあるユキコの扱いに戸惑う副店長・紅林(吉住)の一方、店長の茶尾(古川雄大)はユキコを見てなぜか即採用!ユキコは憧れの店でアルバイトをすることに。

ユキコは森生に甘えないためにも、しばらく会わずにアルバイトを頑張りたいことを伝える。会えないことに落ち込みながらもユキコを応援する森生だが……。実はユキコは、仕事に慣れたら森生に告白するつもりでいた。

そんな矢先、森生への片思いをこじらせるハチ子は、鈍感な森生にしびれを切らし、ついに森生に告白する。妹扱いしてきたハチ子の気持ちを知り、森生の頭は大混乱。しかし、自分にとってハチ子が大切な存在であることに悩み……。

そして、アルバイト初日を迎えたユキコは、忙しい店内で他の従業員の足を引っ張り、失敗を連発。自信を失くし、大ピンチを迎えていた……

■『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』
毎週水曜よる10時 放送

(C)日本テレビ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ