二宮和也「私服が中学生」 「おしゃれ、ファッション。何か賞を取ります」

エンタメOVO


 アダストリア「ドットエスティ」新CM発表会が26日、東京都内で行われ、嵐の二宮和也が出席した。

新CMは、「私服が中学生」と言われてへこんでいた二宮が、ドットエスティでおしゃれに「どっと変わった」ことを路上ライブで高らかに歌い上げ、観衆から大きな拍手を浴びるというもの。

ファッションのCMキャラクターに起用されたことについて二宮は「本音を言うと、僕よりも事務所の人間が驚いている。『本当に二宮でいいんですか?』と聞き直したと思う」と苦笑。

「僕も度肝を抜かれたし、ドッキリだと思って、カメラがないかキョロキョロしました」と明かしたが、「私服が中学生」というCMの設定を知ると、「そっちかとふに落ちた。僕も言われていますので」と語った。

CM撮影当日も「(私服の)短パンと半袖で現場入りした」そうで、「そのときに皆さんがニヤニヤしたのは忘れません。『こいつ、マジだったんだ』という…」と振り返って笑わせた。

これまでファッションにあまり興味を持てなかった理由については、「僕は仕事ですごくいい物、自分に合った物を着させてもらっているので、解消されてた部分があって、プライベートはいいやって…」と説明。

それでも、アダストリアとの出会いを通して「やっぱり着てみると全然違いますね。気分が上がるという意味がようやく分かったというか」と心境の変化を語った。

CMコピーにちなみ、「どっと変わりたいこと」を尋ねられた二宮は「ここからちょっといきますわ。おしゃれ、ファッション。何か賞を取ります」と笑顔で宣言。

「『どっと変わっちゃえ』ってすごくいいコピー。もし結果的に変わらなくても、一瞬でもそのマインドになったら、世の中楽しいんじゃないかな。すごく押される言葉」と語った。

当記事はエンタメOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ