東海地方 しばらく秋晴れが続く 一日の気温差大 服装で上手に調節を

日直予報士

東海地方は、しばらく秋晴れが続くでしょう。日中は過ごしやすい陽気となりますが、朝晩との気温差が大きいため、服装でうまく調節するなどしてお過ごし下さい。

●きのう25日より大幅に気温がアップ 夏日一歩手前の所も

きのう25日の冷たい雨から一転、きょう26日の東海地方は、爽やかな秋晴れとなりました。
午後3時までの最高気温は、三重県尾鷲市で24.7度を観測し、夏日一歩手前でした。きのうより8度も高く、東海地方で一番気温が高くなりました。
その他、愛知県名古屋市で23.2度、岐阜県岐阜市で23.9度、三重県津市で21.8度、静岡県静岡市駿河区で21.9度でした。きのうより大幅に気温が上がり、各地で、日中は過ごしやすい陽気となりました。

●一日の気温差大 服装で上手に調節を

東海地方は、29日(金)頃まで、秋晴れが続き、大きな天気の崩れはないでしょう。洗濯や布団干し日和が続きそうです。
最高気温は20度以上となる日が多く、平年並か平年より高い日が多いでしょう。先週、名古屋では、最高気温が20度を下回った日が多くなりましたが、季節は一旦足踏みしそうです。
また、最低気温は、平年並か平年より高い日が多くなりそうです。
朝晩と日中の気温差が、10度以上となる日もあり、一日の寒暖差が大きくなるでしょう。服装指数を参考にして、体調を崩さないよう気を付けて下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ