日本人初となるヒューマンビートボクサー世界チャンピオン誕生! SARUKANI、 世界大会「Grand Beatbox Battle2021」で優勝&準優勝獲得!

Rooftop


122391_S__180895778.jpg

ポーランドで10月22日(金)~24日(日)に行われたヒューマンビートボックス界最大規模の世界大会「Grand Beatbox Battle 2021」において、日本代表として各部門に参加していたヒューマンビートボックスクルー・SARUKANIが、TAG TEAM LOOP部門で日本人初の世界1位、CREW部門で世界2位を獲得した。

SARUKANIは、日本を代表するビートボクサー・SO-SOを中心に、アジア3位の実績を持つRUSY、Kohey、日本1位のKAJIの4名で構成されたビートボクサー集団。RUSYはアカペラグループ・ハイスクール・バンバンにも所属している。

今回参加しているビートボックスの世界大会「Grand Beatbox Battle 2021」は、2009年にスイスで始まり、2011年から国際大会化。その後規模を拡大し続け、現在では世界中のビートボクサーが集い世界一を決める大会となっている。見事優勝を獲得したTAG TEAM LOOP部門にはSO-SO& RUSYが手を組み”SORRY”として出場。SARUKANIとして準優勝を獲得したCREW部門、同じ日本代表で人気YouTuberのRofu もTAG TEAM部門で3位に輝くなど、圧巻のパフォーマンスで世界中を沸かせた。

その他、全部門に同クルー内・SARUKANIのメンバーが出場、特にSO-SOは2019年にSOLO LOOP部門でアジア人で初となるベスト4に輝いたのち、今年は世界初の4部門出場という偉業を成し遂げている。今後も世界に羽ばたく彼らの活動から目が離せない。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ