結婚相手にふさわしい男とは? 4つのチェックポイント

beauty news tokyo


「付き合う男性と結婚する男性」は違うとよく耳にします。でも、いざ男性と付き合ってみたら「結婚相手にいいかも」と思うことも。そんな時、その男性が結婚相手としてふさわしいのかを確認する必要が出てくるものです。そこで今回は結婚相手として男性かを見極める4つのチェックポイントを紹介します。

|経済力よりも金銭感覚


結婚となると、男性が“稼げる”、“お金を持っている”という経済力に注目してしまいがちですが、それよりも注目したいのが「金銭感覚」です。付き合っているときは気前良く振舞ってもらう方が嬉しいのは事実ですが、結婚となればその気前良さが仇となることも。お金をかけるポイントが同じ、きちんと貯金するタイプかなど、自分とお金に対する考え方が同じかを今一度確認してみましょう。

|不透明な行動をしない


不貞行為をする男性に共通するのが不透明な行動な多いこと。いくら男性の自由な時間とは言えど、「この時間はどこで誰と何をしていたか」をきちんと答えない(答えたくない)男性は結婚相手としては不向きかもしれません。逆に言えば、行動を明らかにくれるだけでなく、先の予定まで事前に伝えてくれる男性なら安心と言えるでしょう。

|人を思いやる気持ちがある


結婚は他人同士の共同生活となるので、合う合わない部分も当然あります。でも、相手を思いやる気持ちのある男性であれば、ケンカや不仲を防ぐことができるでしょう。例えば、仕事で失敗した同僚を執拗に責める傾向があったり、お店で店員さんに横柄な態度をとったりするのが日常茶飯事という男性は要注意。結婚後はその対象があなたになるかも知れません。

|お酒に酔っても周囲に迷惑をかけない


男性の本性が出やすいのがお酒に酔ったとき。飲む前と言動が変わらない、または笑うことが増える、寝入ってしまうなど周りに迷惑をかけない態度であれば安心です。でも、言動が暴力的になって周りに迷惑をかけるようであれば要注意です。

結婚と恋愛は全く異なるものだからこそ、恋愛の段階で男性を結婚相手として見極めることが大切。もちろん理想の男性という点も大切ですが、イイ旦那さんになるかも気にかけて男性の言動を観察していきましょうね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ