【本当に沈没?】日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』1話あらすじ&ネタバレ

Oh!My!ドラマ

2023年の東京を舞台にした『日本沈没ー希望のひとー』。1973年に小松左京によって書かれた名作『日本沈没』をベースに多くのオリジナル要素を追加したストーリーとなっています。地球温暖化が叫ばれる今だからこそ、観ておきたい作品になりそうです。

小栗旬が若手官僚役を熱演

有望な若手官僚によって地球温暖化対策について話し合われる「日本未来推進会議」に参加する環境省の官僚・天海啓示を演じるのは小栗旬。ちょっと強引で野心家の天海ですが、私生活では妻とは別居中で可愛い娘とも離れて寂しそうです。

また、今回の放送では数秒の回想シーンのみですが、吉田鋼太郎演じる天海の父親の姿が印象的でした。漁師姿の父親が真実を追求するようすには強いメッセージ性が感じられ、天海も強く影響を受けているようですね。今後の話とどう絡んでいくのか気になります。

田所博士の関東沈没説とは?

世界環境会議で海底からCO2を排出しないエネルギー物質を抽出するシステムとして日本が発表した「COMS」。このCOMSが関東沈没の一因になると田所は警告するものの、環境ビジネスでの詐欺疑惑などから相手にしてもらえません。

対する東大の世良教授は、政府からも信頼される地球物理学の最高権威です。田所の関東沈没説も真っ向から否定します。かつてはライバル関係にありましたが、今では立場が全く違う2人。香川照之演じる田所の異端児っぷりが光ってます。

はじめは根拠のない田所の関東沈没説を相手にしない天海ですが、趣味のスキューバダイビング中に海底の異常現象に遭遇。関東が沈没することがあるのかどうかはっきりとさせるべく、田所と世良を同行しての海底調査に乗り出すのでした。

田所VS世良の海底調査

海底調査では関東沈没の前兆とも言える現象「スロースリップ」の痕跡を田所が主張するも幻覚扱いされ、関東沈没はありえないという調査結果となりました。そんななか「これでいいんですか!」とかっこよく天海が割って入ります。血走った眼力がものすごいです。

日本の未来のため海底調査の再開を希望する天海ですが、世良の怒りを買ってしまいます。やっぱり都合の悪いことは見て見ぬふりなんだとがっかりしたところで、田所の予言通り日之島の水没のニュース速報が流れてびっくり!

異端児とされた田所博士の予言通り沈没していく日之島のラストに目が釘付けになってしまいました!このまま日本沈没という最悪のシナリオに突き進んでいくのでしょうか?今後の展開から目が離せそうにありません…!

※トップ画像は『日本沈没ー希望のひとー』公式サイトのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ