【不良になる?】宮沢りえ「キスすんな」

10月23日放送の『千鳥かまいたちアワー』(日本テレビ系)に前週より引き続き女優の宮沢りえが登場。11歳から芸能界デビューしている宮沢が学生時代にやりたかった密かな願望を明かし、番組MCたちとそれを実現するコントを披露した。

宮沢りえの密かな願望

好きなタイプは、ユーモアのある人だと明かした宮沢りえ。番組ではかつて来日したアメリカの俳優アーノルド・シュワルツェネッガーに宮沢りえが対面したときのVTRが流れた。シュワルツネッガーは宮沢りえのあまりの可愛さに頬に何度もキスし、「シュワちゃん、グイグイくるタイプだな」と一同騒然に。

宮沢とMC千鳥、かまいたちの面々はゲストの密かな願望を叶える「チャレンジアワー」のコーナーに挑戦。子どもの頃から芸能界で働き始めた宮沢は「優等生な子だったなと思う。本当は不良になって、やっちゃいけないことをやってみたい」と明かした。不良になって落書きがしたいという願望を説明すると、かまいたちの山内は「宮沢りえさんがやってくれるなら、うちの家に落書きしていいですよ」と言って皆を笑わせた。

宮沢りえ、不良になる

宮沢の密かな願望を叶えるコントのために、スタジオに宮沢が長い丈のセーラー服にサングラス姿のスケバンスタイルで登場。「こういう服の人が街にいて、着てみたいなあと思ってました。テンション上がります」と宮沢は嬉しそうに話した。「大阪・東淀川の毒蛇」と言われていたという高校時代のかまいたち濱家が、不良のメンチの切り方を宮沢に解説。顔を下から持ち上げて睨むメンチの切り方をレクチャーした。

その後、千鳥の大悟とかまいたちがたむろしているところに不良の宮沢りえが登場するコントを披露。スプレーで壁やシャッターに落書きしようという流れになり、宮沢りえは「何を描こうかな」とつぶやきながら、太陽の塔のような絵を壁に描いた。そこに自身のサインも入れたことから一同爆笑。大悟にも「描いてみて」と言うと、大悟は「シュワちゃん参上」と書き、その横に宮沢りえが「キスすんな!」と書くので、大悟たちは「あのときの気持ちだ!」と笑った。

※トップ画像は『千鳥かまいたちアワー』公式サイトのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ