特典映像も大充実!スタジオジブリ初のフル3DCG作品『アーヤと魔女』、ブルーレイ&DVDで今冬発売に

ガジェット通信



スタジオジブリ約5年ぶりの新作として今年8月27日(金)より劇場公開され、スタジオジブリ初の3DCG作品として宮崎吾朗監督が手掛けたことでも話題を集めた映画『アーヤと魔女』。そのブルーレイ &DVDが、早くも12月1日(水)に発売することが決定しました。

■Blu-ray&DVD特設サイト:https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item121/ [リンク]

■公式HP:https://www.aya-and-the-witch.jp/ [リンク]



宮崎吾朗監督としても、劇場作品では『コクリコ坂から』(11)以来約10年ぶり、 最新作ではテレビシリーズ「山賊の娘ローニャ」(14~15)以来6年ぶりの制作となる『アーヤと魔女』。最初に映像化の企画を発案したのは宮﨑駿監督だったそうです。ただ、次作『君たちはどう生きるか』の準備に入っていたため、自ら手掛けることを断念。宮崎吾朗監督も原作の面白さに惹かれ、3DCGに挑戦してみたいという思いで実現しました。



その『アーヤと魔女』の原作は、“ファンタジーの女王”とも呼ばれ、スタジオジブリで映画化された『ハウルの動く城』でも知られるダイアナ・ウィン・ジョーンズ。彼女が生前に完成させた最後の作品となります。



主人公アーヤを演じる平澤宏々路は、オーディションで抜擢。魔女のベラ・ヤーガに寺島しのぶ、謎の男・マンドレークに豊川悦司、黒猫のトーマスに濱田岳と、日本を代表する名優たちが競演を果たしており、2020年6月にはカンヌ国際映画祭が発表した公式作品 “オフィシャルセレクション2020”の1作にも選出され、国内外で注目を浴びた作品でもあります。



ブルーレイ&DVDには、寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳、平澤宏々路、シェリナ・ムナフのキャストインタビューのほか、スタッフインタビュー「アーヤと魔女をつくる」も収録。そして本年6月2日~2022年5月まで開催予定の三鷹の森ジブリ美術館企画展示「アーヤと魔女展」も収録される予定だそうで、本編とあわせて観ることで理解も深まりそうです。

『アーヤと魔女』

2021年12月1日(水)Blu-ray&DVD発売

発売元:スタジオジブリ

販売元:ポニーキャニオン

(C) 2020 NHK, NEP, Studio Ghibli



■Blu-ray[1枚組]

価格:¥7,480(税込)

■DVD[2枚組:本編1枚+特典1枚]

価格:¥5,170(税込)

★Blu-ray特典内容【映像特典】

絵コンテ、アフレコ台本、予告編集、キャストインタビュー(寺島しのぶ、豊川悦司、濱田 岳、平澤宏々路、シェリナ・ムナフ 合計約16分)、スタッフインタビュー「アーヤと魔女をつくる」(約29分)、三鷹の森ジブリ美術館企画展示「アーヤと魔女展」(約37分)

※Blu-ray映像特典の「絵コンテ」は本編映像とのピクチャーインピクチャーのため特典映像収録分数に含んでいません。

※収録内容、仕様等は予告なく変更になる場合があります。

★DVD特典内容【映像特典】

絵コンテ、予告編集、キャストインタビュー(寺島しのぶ、豊川悦司、濱田 岳、平澤宏々路、シェリナ・ムナフ 合計約16分)、スタッフインタビュー「アーヤと魔女をつくる」(約29分)、三鷹の森ジブリ美術館企画展示「アーヤと魔女展」(約37分)

※DVD映像特典の「絵コンテ」はマルチアングルとなるため特典分数が本編分数分多くなります。またセルDVD映像特典にアフレコ台本は含まれません。

※仕様、特典・封入内容や名称は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。



(C) 2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

(執筆者: ときたたかし)

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ